ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

スマホで玄関の解錠ができる「August Smart Lock」、アプリで友人の入室許可も

DATE:
  • ガジェット通信を≫

August Smart Lockスマートフォンを活用したテクノロジーはあらゆる分野で活躍しており、住まい関連では家の温度や照明をスマホで管理できるサービスがある。このほど登場したのは、玄関の鍵をスマホであけられるというもの。年内に発売予定の「August Smart Lock」は、専用の電子鍵を取り付けるとアプリをダウンロードしたスマホで解錠ができ、ユーザーがアプリから“招待状”を送った相手も解錠ができるように設定できる。

このシステムのセールスポイントは、いちいち鍵を取り出して解錠するという手間が省けること。それから、ユーザーがアプリから招待状を送った相手も同様にキーレスで入室できるということだ。家族や友人、あるいはハウスクリーニングや修理の業者などに留守中に家に入ってもらう場合、招待状を送っておけば、相手もスマホで出入りができるようになる。もちろん、出入りのコントロールや履歴のチェックはできる。

開発したAugust社の共同設立者は「自宅でパーティーを開くときなどゲストにアプリから招待状を送っておけば、ドアのチャイムを鳴らさなくても入室できる」と、使い方の一例を挙げる。Facebookやスマホ内の連絡帳を使って招待状を送れるのも便利だ。

ドアに取り付ける鍵は省電力タイプのBluetoothでスマホと交信する。電池式なので、停電になった場合でも動かなくなるということはない。電池が少なくなったら、ユーザーのアプリにお知らせが届く。また、開発したチームによると、市場に出回っている電子錠の中では一番小さく、取り付け作業には10分もかからないという。値段は199ドル。

August Smart Lock

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。