ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ASUS、$129からのエントリー向け7インチAndroidタブレット「MeMO Pad HD7」を発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ASUSは6月3日、台湾で開催された「Computex Taipei 2013」のプレスカンファレンスにおいて、画面サイズ7インチの新型Androidタブレット「MeMO Pad HD7」を発表しました。MeMO Pad HD7は、7インチ1,280×800ピクセル(WXGA)のIPS液晶とCortex-A7ベースのMediaTek製クアッドコアプロセッサを搭載したAndroidタブレット。今年初頭に発売された低価格タブレット「ME172V」の後続モデルで、解像度が1,280×800ピクセル(WXGA)に向上し、プロセッサもシングルコアからクアッドコアにアップグレードされていますが、8GBモデルが$129、16GBモデルが$149と低価格で販売されます。本体には2つのスピーカーが搭載されており、オーディオのステレオ出力が可能です。ASUSの音響技術SonicMaserにも対応しています。RAM容量は1GB、内蔵ストレージの容量は8GB/16GB、Micro SDカードも利用可能です。カメラは背面に500万画素と前面に120万画素を搭載。ワイヤレス機能はWi-Fi b/g/n、Bluetooth v4.0など対応しています。Source : ASUS



(juggly.cn)記事関連リンク
Amazon.co.jp、WEBサイト版Androidアプリストアをオープン
Qualcomm、Snapdragon 400の新SoC「MSM8926」を発表、3G/LTEをサポート
東芝が新型Androidタブレット「Excite Pure」「Excite Pro」「Excite Write」を発表、Tegra 4搭載機種やペン入力対応機種など3機種をラインアップ

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP