体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

続・片瀬久美子がなにを間違えているか

続・片瀬久美子がなにを間違えているか

今回はメカAGさんのブログ『疑似科学ニュース』からご寄稿いただきました。

続・片瀬久美子がなにを間違えているか

「ガジェット通信に掲載された「LNT説とALARAの関係に関する勘違い」という記事について」 2013年06月01日 『Kataseのブログ』
http://ameblo.jp/harubird/entry-11542746899.html

これまでのエントリでも述べたが、俺が虚偽のことを書いているというのは片瀬久美子の言い分であって、それなら片瀬久美子が言う

また、この記事を書かれたメカAGさんは、LNTモデルについての理解が浅く、おかしな解釈をされています。

も、俺から見れば虚偽であって、俺の名誉を傷つけるものなんだけどね。片瀬久美子が自分の言い分が正しいと信じているのと同様に、俺も俺の言い分の方が正しいと信じている。

   *   *   *

特に、「上記の引用部分はきっと何かの受け売りを書き写しているだけだから」という記述は、ライターとしての私に対する侮辱であり、証拠もなく私が引用を明記せずに他者の文章の盗用をしているとしており、名誉毀損にもなります。

これも他のエントリの追記で述べたとおり、当該箇所の引用部分というのは,ALARAの考え方の説明の部分であり、誰が書いても同じ内容になるはず。下記が片瀬久美子の当該の文章。

LNTモデルと一緒に組み合わせて用いられる重要な考え方に、ALARA(As low As Reasonably Achievable:合理的に達成できる範囲で、できる限り低く)の原則というものがあります。放射線被曝によって生じる害とそれを避けないことによる利益(医療を受ける、避難せずに済ます、など)を比べて、上手に利害のバランスをとりながら被曝量をできる限り低くしていくという考え方です。

英和辞典でALARAを引くと次のような説明が出てくる。

合理的に達成可能な限り低く,実際可能な範囲でできる限り低く

ALARAの意味 – 英和辞典 Weblio辞書
http://ejje.weblio.jp/content/ALARA

放射線うんぬんが付け加わってるだけで、同じだよね。こんな部分に片瀬久美子のライターとしての名誉やオリジナリティが現れているんですかね。

   *   *   *

「問題は片瀬久美子がLNT説はALARAに反し、閾値説こそがALARAに沿うものだと考えている点」という指摘についても、私はその様な事は全く考えておらず、過去に言ったことも書いたこともありません。

俺が「片瀬久美子は○○の場でこういう発言をした」と述べ、実際にはそういう事実がないなら虚偽だろうが、俺はそのようなことは述べていない。「片瀬久美子はこう考えている」というのは、俺の推測であり、俺がそう推測した事実は片瀬久美子本人であれ否定することはできない。なぜ俺がそういう推測をしたかは前エントリですでに述べている。

推測の過程に著しい誤認があれば別だが、俺は自分の推測を妥当だと思っているし、片瀬久美子からもなんら誤りの指摘がない。指摘がないのは俺の推論が正しいからであろう。繰り返しになるが片瀬久美子の考えは、自分でそう呼んでいないだけで、実質的に閾値説と同じ。

ようするに片瀬久美子は「これ以下の放射線量なら心配することないんだ(許容範囲なんだ)」というのを、科学で裏付けてほしいわけだよね。俺はそれは(許容範囲を決めるのは)科学ではなく政治の仕事だと言っている。同じ事を何とか科学に求めようとしているのが閾値説。なので片瀬久美子の考えは閾値説だと言っている。

そうでないなら俺の最初のエントリ(ICRPは政治的判断をしているというもの)に対する反論としてALARAをもちだしてくるのは理屈に合わない。そもそも自分でなにを言ってるのかわかってないなら別だが。

私のSYNODOSに寄稿した記事を引用して、全くトンチンカンな解釈を講じて批判している記事を転載して広めるのは、よく知らない人達に、シノドスがそんな酷い記事を掲載したのかというあらぬ誤解も招きます。

1 2次のページ
寄稿の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。