ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

NVIDIAがSHIELDの最終版ハードウェアを用いた紹介動画を公開、25種類のTegra 4最適化ゲームも開発中

DATE:
  • ガジェット通信を≫


NVIDIAがAndroidベースのゲーム機『SHEILD』の最終版ハードウェアを用いた紹介動画を『YouTube』で公開しました。『SHIELD』は、フリップ型の5インチHD解像度のタッチスクリーンとゲームコントローラーを備えたAndroid端末で、同社の新モバイルプロセッサ『Tegra 4』プロセッサを搭載して販売されます。

5月17日より米国の直販サイトや家電量販店を通じて予約受け付けが行われており、予定では、6月末より順次発送されます。NVIDIAは『SHIELD』の開発の裏側を紹介する記事を同社の公式ブログで公開しており、その中で、『SHIELD』には「ピュアなAndroid」を搭載しており、OSのバージョンアップが実施された場合は順次アップデートを提供していく方針を明らかにしました。

一方、ハードウェアの開発状況については、量産が可能な状態の「P-Release」の段階であることを明らかにしました。また、『SHIELD』には、『Tegra 4』プロセッサに最適化されたゲームとして、『Sonic 4 Episode II』や『Expendable Rearmed』がプリインストールされることや、『Burn Zombie Burn』、『ARMA Tactics THD』、『Dead on Arrival 2』など25アプリが『Tegra 4』に最適化されたゲームとして開発されていることも明らかにしました。
Source : NVIDIA



(juggly.cn)記事関連リンク
ハングアウトの未読メッセージ数などをロック画面上で確認できるDashClock拡張機能「Dashclock Hangouts Extension」がリリース
MediaTek、エントリーレベルのタブレット向けSoC「MT8125」のリリースを発表
Galaxy S 4 Activeには青っぽい緑色の”Teal”カラーも存在

juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP