ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Samsung、“Galaxy S 4”ブランドを冠した小型スマートフォン『Galaxy S 4 mini』を正式発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫


Samsungは5月30日、『Galaxy S 4』の小型版として知られる『Galaxy S 4 mini(GT-I919X)』を正式に発表しました。『Galaxy S 4 mini』は6月20日に英国・ロンドンで開催される『Premiere 2013』イベントで展示されます。

『Galaxy S 4 mini』は、4.3インチ960×540ピクセル(qHD)のSuper AMOLEDディスプレーとQualcomm製1.7GHzデュアルコアプロセッサを搭載したAndroidスマートフォン。今回発表されたのは3G HSPA+版、4G LTE版、3GデュアルSIM版の3種類。発売時期と価格は発表されていません。

“Galaxy S 4”ブランドを冠した『Galaxy S 4 mini』の筐体のデザインは『Galaxy S 4』を踏襲しています。画面サイズが4.3インチに縮小しているので、『Galaxy S 4』よりもサイズはコンパクトです。スペックシートによると、バッテリー容量は1900mAh(取外し可能)ながらも、筐体サイズは124.6mm×61.3mm×8.94mm、質量は107g(3GデュアルSIM版は108g)。カラバリも『Galaxy S 4』と同じで、Black MistとWhite Frostの2種類。

OSはAndroid 4.2.2(Jelly Bean)で、『Samsung TouchWiz UX』は『Galaxy S 4』と同じバージョンを搭載しています。ソフトウェア・機能面では、Adapt Display、Adapt Sound、Gourp Play、Sビーム、Samsung Link、スクリーンミラーリング、Story Album、S翻訳、Sトラベル(トリップアドバイザー)、Sヘルス、Sound&Shot、Best Photo、Best Face、Beauty Face、HDR撮影、連写等に対応。マルチウィンドウ、スマートスクロール、エアビュー、エアジェスチャーには非対応です。

RAM容量は1.5GB、内蔵ストレージの容量は8GB、microSDカード(最大64GB)も利用可能。カメラは背面に800万画素と前面に190万画素を搭載。ワイヤレス機能はWi-Fi a/b/g/n、Bluetooth v4.0、NFC(LTE版のみ)、DLNA、Wi-Fi Direct、赤外線通信(IrRC)に対応。対応周波数は、LTE版がGSM(850/900/1800/1900MHz)、WCDMA/HSPA+ 42Mbps(850/900/1900/2100MHz)、LTEは6バンド対応(モデルによって異なる)。3G版がGSM(850/900/1800/1900MHz)、WCDMA/HSPA+ 21Mbps(850/900/1900/2100MHz)。
Source : Samsung



(juggly.cn)記事関連リンク
ディズニー、「DM014SH」のAndroid 4.1アップデートを開始
NTTドコモ、Android 4.1以上向け「spモードメール」をv6620にアップデート
Motorolaの"X Phone"は、”Moto X”として今夏に米国で発売、開発・製造が米国国内で行われる事も判明

juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP