ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

1個2,200円・全9色展開、Xperia Z用の新型アルミバンパーケースを試す

DATE:
  • ガジェット通信を≫

4月8日にこちらの記事で紹介したXperia Z用アルミバンパーケースの新型が発売されたので、その使用感などを紹介したいと思います。新型も国内版SO-02E、海外版C660XのXperia Zで使用できます。材質はアルミニウム素材で、ブラック、ホワイト、シルバーなどの基本色を含む全9色がラインアップされています。今回入手したのはこの中のブラックカラーです。新型の主な変更点は、バックパネルが付いたところと、バンパーの固定方法が変わったところです。以前紹介したものは、側面フレームを保護するタイプのものでしたが、新型は背面も保護されるようになっています。装着後の固定方法が背面用のレールパーツをスライドして固定する方式からバックカバーをはめ込む方式に変わり、前作の不満点だったバンパーとレールパーツの接合部がカチャカチャ鳴ることがほぼ解消されています。バックパネルが付いたことで、装着後の厚みと重量は少し増しましたが、操作性が悪くなったという印象は受けませんでした。バンパーケースはフレームとバックパネルの2ピース構成。バックパネルにロゴがプリントされていますね。このロゴは不要かも(提供品なので文句はありませんが・・・)。バンパーの内側にはクッションシートが敷かれており、装着時に擦れて本体に傷が付きにくくなっています。、バンパーとバックパネルの固定方法は、画像手前に見えるバックパネルの爪をフレーム部分にめ込むだけ。画像奥(反対側)の爪の計3点で固定されます。装着後にカチャカチャ鳴ったり、すぐに外れてしまうことはありませんでした。Xperia Zに装着するとこんな感じです。ブラックカラーなので、本体と同化して見えます。バンパーを装着した状態でXperia Zズレたりすることもありませんでした。フット感は良好です。背面。当然のことながら、カメラやLEDフラッシュ用の穴も空いています。側面の各ボタンや各スロット、ストラップホールの穴も空いています。新型は電源・ボリュームボタンが押しやすくなっています。前作と同様、バンパーを装着すると付属のクレードルは利用できません。そのためか、充電用端子の部分は塞がれています。さ今回紹介したアルミバンパーケースはJetstream Blogさんで購入できます。1個2,200円です。



(juggly.cn)記事関連リンク
Galaxy S 4のサービスメニューを表示する方法
Snapdragonプロセッサを搭載したAndroid端末向けの省電力化アプリ「Snapdragon BatteryGuru」が日本語に対応
Samsung、6月20日にロンドンでプレスイベントを開催、AndroidやWindowsを採用した新機種を発表

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP