体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ももクロの「オズフェスト」出演が明らかにしたもの

ももクロの「オズフェスト」出演が明らかにしたもの


今回は柴 那典さんのブログ『日々の音色とことば:』からご寄稿いただきました

ももクロの「オズフェスト」出演が明らかにしたもの

ももクロの「オズフェスト」出演が明らかにしたもの

■オズフェストが成功をおさめた理由

さて、出来事が風化する前にきっちりと自分が目撃したこと、考えたことをまとめておこう。少なくとも、僕には言いたいことが沢山あるぞ。

5月11日、ももいろクローバーZが「OzzFest Japan 2013」に出演を果たした。改めて言うまでもないことだけれど、大きな話題を集めたし、最初からかなりの賛否両論を巻き起こした。あれは一体何だったのか。

時系列で振り返っておこう。4月中旬の発表を受けてまずは主催者のFacebookページに批判コメントが相次ぐ。ニュースサイトがそれに飛びついた。

「「Facebook上でプロモーターへの批判も……」ももいろクローバーZの“オズフェスト”参戦発表で広がる波紋」 2013年04月18日 『日刊サイゾー』
http://www.cyzo.com/2013/04/post_13101.html

「伝説のメタルフェス【ozzfest japan 2013】にモモクロ参戦発表で大ブーイング!!」 2013年04月15日 『ガジェット通信』
http://getnews.jp/archives/322136

開催直前の5月上旬には大手新聞にも取り上げられている。

「ももクロ×ヘビメタなぜ 「オズフェスト」に参戦」 2013年05月08日 『朝日新聞DIGITAL』
http://digital.asahi.com/articles/TKY201305070397.html
※こちらを閲覧するには会員登録が必要です。

ちなみに、僕は参加が発表された日にこういうツイートをしている。

柴那典@shiba710

いろんな意見が飛び交ってるけど、「黒い週末」がブラック・サバス「Sweat Leaf」へのオマージュであることを含めて、オズフェストへの出演は文脈的に超アリだと思います。 / “ナタリー – ももいろクローバーZ「Ozzfest …” http://htn.to/FuQjdi

2013年4月14日
https://twitter.com/shiba710/statuses/323632757131587584

その後に寄稿したコラムでもこう書いている。僕は一貫してこういうスタンスです。

冒頭、高城れにの「ゲホ、ゲホ、ゲホ……」という咳は、ブラック・サバスの3rdアルバム『Master of Reality』収録の「Sweet leaf」でのオジー・オズボーンの咳へのオマージュ。ちなみに、この曲のギターに参加してるのが、サバス直系のドゥーム・メタルを展開し活動歴20年を超える人間椅子の和嶋慎治。こちらもオズフェストに参加予定。というわけで、ももクロのオズフェスト参戦に「メタルの聖域に場違いのアイドルが~」なんて言ってる人はちょっと狭量にすぎるんじゃないの?と、人生で最初に買ったCDがオジー・オズボーンの『ノー・レスト・フォー・ザ・ウィケッド』だった僕としては言いたいです。

「第63回:ももクロ新作『5TH DIMENSION』から「楽曲厨」が語るべき10選」 2013年04月25日 『DrillSpin Column』
http://www.drillspin.com/articles/view/590

これまであんまり言う機会はなかったけど、僕、ほんとにオジー・オズボーンが青春だったんですよ。メタル好きな少年時代を過ごしてきて、特に中学生の頃は部屋にポスターを貼ってたくらいオジーが好きだった。2002年にはイギリス・ドニントンで行われたオズフェスト(マッド・カプセル・マーケッツが出たやつね)にも足を運んで当時の雑誌にレポート記事を書いている。もちろんブッキングに納得いかないメタルファンの気持ちはよくわかるけど、少なくともそれなりにオジーとサバスへの思い入れはあるつもり。

そういう人間が、オズフェストの2日間に行ってきたわけです(2日目は仕事の都合もあってトゥールとサバスしか見れなかった)。

で、言いたいことは沢山あるけど、端的にいえば、僕は今回のオズフェストは成功だったと思う。とにかく、初めてこの目で観る(ほぼ)オリジナルのブラック・サバスがめちゃくちゃ格好よかったのだ。オジーも、トニー・アイオミも、ギーザー・バトラーも、バリバリ現役だった。ヘヴィロックの原点として、ちゃんと今も通用する音を鳴らしていた。で、ステージからもちゃんと見渡せるくらい広いフロアが後ろまで熱狂していて、そのことにも感涙した。

なにせ、僕は伝説のウドー・ミュージック・フェスティバル、その惨状をこの目で見てきた人間だ。今じゃ半分笑い話になってるけど、少なくとも、あの時ヘッドライナーだったKISSはあれから来日していない。ついでに言えば、同日開催されるはずだったTOKYO ROCKSがやらかしたおかげで、10年ぶりに来日するはずだったBLURが次にいつ来るかはわからない。オズフェストだって、チケットの売れ行きが苦戦しているという噂もあった。

そんな中、炎上気味のブッキングだったとはいえ、幅広い層に話題を広めることで興行を商業的に成立させたことは評価していいと思う。オジーも「来年、また戻ってくるぜ」的なことをMCで言っていたし。もちろん実現するかは今の時点ではわからないけど。

なんだかんだ言って、オズフェストは「メタルの祭典」ではなく、オジー(とシャロン)のフェス。ブラック・サバスが最高だった時点で、オジーに「また来るぜ」と言わせた時点で、オズフェストは成功だった、というのが僕の見方だ。

■「事件」はTL上で起こっていた

では、ももいろクローバーZはどうだったのか。

強く感じたのは、なんだかんだ言って、騒ぎの火種はネットにあったんだ、ということ。「事件」はフロアではなくツイッターのタイムライン上で起こっていた。もしくはFacebookのコメント欄で。2ちゃんねるで、まとめサイトで、それに食いつくネットメディアの上で。

1 2次のページ
寄稿の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。