ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ドアーズのキーボード奏者として知られるレイ・マンザレクが死去

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 


『The Golden Scarab』 ジャケット画像

ドアーズの結成メンバーとして知られるキーボード奏者のレイ・マンザレクが、5月20日、長年患っていた胆管がんのためドイツはローゼンハイムの病院で亡くなった。享年74歳。彼は妻のドロシーと兄弟に看取られたという。

マンザレクは、UCLAで映画を専攻していた学生時代にジム・モリソンと出会い、65年にドアーズを結成。67年に発売したバンドのデビュー・シングル“Break On Through (To The Other Side)”を皮切りに、『The Doors』『Strange Days』『L.A.Woman』といった数々の名盤の制作に携わった。72年のドアーズ解散以降も、ロックやジャズ、ブルース、ボサノヴァ、クラシックなどの要素を融合した独特のスタイルで活動を続け、74年作『The Golden Scarab』をはじめとするソロ・アルバムも発表。2003年には〈ザ・ドアーズ・オブ・21stセンチュリー〉名義で来日を果たしており、近年は『Ballads Before The Rain』『Translucent Blues』といったロイ・ロジャースとのコラボ・アルバムをリリースしていた。謹んで故人のご冥福をお祈りいたします。

タワーレコードの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。