ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

地獄の72時間で東京~名古屋への自転車の旅(1)(準備編)

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

今回は「生主ブロマガ」から転載させていただきました。
※すべての画像が表示されない場合はhttp://getnews.jp/archives/343376をごらんください。


http://px1img.getnews.jp/img/archives/2013/05/2.png

5月19日、横山緑は、誰もが「無謀」と言われる記録への挑戦を前に武者震いをしていた。
それはたったの3日間でママチャリで東京~名古屋までの400㎞の長距離を横断しようという企画である。
無論、仕事ではないからお金も出ないし、なにかを売るわけでもない。損得抜きだからいいのだ。
お金が絡めばそこでありがちな「台本」と言われてしまうし、まさにドキュメンタリーが全ての俺にとってはうってつけの企画である。

企画は石川典行の企画の二番煎じだが、一緒では芸がない。今回は自分にとっても目を背けたくなるような厳しいルール設定を先日した放送の中で設けた。

地獄の72時間スピードトライアル、暗黒ルール

1.リスナーからの高価な乞食行為禁止
2.所持金は3000円以内
3.スーツで行く。
4.マスクは常にかぶりっぱなし
5.サポートは誰もつけない
6.72時間を目標に行く
7.基本、野宿
8.常に1人。リスナーに頼らない
9.話しかけれるのは女性のみ
10.雨天決行

などあまりに容赦のないルールを自分へ課した。はっきり言って自分でもやりすぎた。

同じガジェット通信のソルに「準備不足でやる気がない」などと言われ正直ムカついた。
受験勉強は常に前日や直前に覚える派だった俺に対する暴言である。その放送で急きょ30分前に突発「俺の自転車改造しろ!集会」を亀有公園で行った。
放送では話した程度だが、いきなりすぎる告知で誰も来ないものだと思ってた中でも3名もの男がやってきてくれたのだ。
最初は公園で行っていたのだが、すぐに通報厨に通報され警察官によって公園から退去。自分の住んでるアパートの敷地内で行うことにした。

しかし、通報厨の嫌がらせは粘着していて、わざわざグーグルマップで調べて、警察に何度も電話をかけて呼びつけたり、ピザを嫌がらせで注文したりと犯罪まがいの行為を繰り返す。
本当に迷惑である。

そんな妨害もあったが、俺の愛車「マナチャリ号」は見事にチューニングされて生まれ変わった。


http://px1img.getnews.jp/img/archives/2013/05/33.jpg

紅日色だった車体はピンク色に染まり、サドルには座布団をくくりつけて尻の痛みを最小限にカット。
バックミラーも装備し、配信環境もバッテリー6台と最強の布陣が揃った。


http://px1img.getnews.jp/img/archives/2013/05/43.jpg

後ろには強力なLEDライト、トラックの追突を防御。さらには目立つようにカラフルなのぼりのフラッグ(8900円)を立てた。当初は、かざぐるまを装着していたのだが音がうるさいという理由で却下。
ハンドグリップは柔らかい素材のスポンジに交換、更にゴムを巻いて雨でも濡れない配慮もした。
こうした安全を重視し、さらに軽量化をめざしスピードが出るように改良したのだ。


http://px1img.getnews.jp/img/archives/2013/05/53.jpg

自転車改造改革を手伝ってくれた猛者たち。左から青、ワクワクさん、ゴロリの三名。初対面なのにすばらしいチームワークであった。
俺なら半日かかる作業をわずか2時間でやってのけた。

これだけの工具やセッティングをしてくれたのも、俺を含めた4名の力である。リスナーアンケートで
時給が確定し、青とゴロリは1000円。ワクワクさんは3000円だったが「いいよ」と時給を断った大人だ。
しかし、助かった。感謝しているぞ!

会社には社長のふかみんに「休ませてくれ!」と嘆願し受理された。まさに御の字であるがその分時給もでないので結構生活水準は下がり大変ではある。

これだけの準備、協力をしてもらってもう「実は冗談でしたー」と頭に手を置いて舌をペロリと出したらいったいどうなるのだろうか?そこまでの勇気は俺にはない。

さて、刻は来た。出発予定時刻は今日のだいたい昼か夕方を予定だ。

地獄の72時間がいよいよ始まる・・・


http://px1img.getnews.jp/img/archives/2013/05/61.jpg

画像:横山緑

※この記事は「生主ブロマガ」から転載させていただきました
(転載の記事は2013年05月19日時点のものです。)

カテゴリー : ガジェ通 タグ :
転載の記事一覧をみる ▶

記者:

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP