ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Gogole Playのマルウェアスキャン機能がAndroid 4.1.x以前の機種でも利用可能に、「Gogole Playサービス」アプリに機能追加

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Googleが「提供元不明アプリ」のマルウェアスキャン機能の提供バージョンをAndroid 4.2よりも低いAndroidに拡大しました。これは、Google Playストアでは配信されていないAndroidアプリを手動でインストールする際に、Gogole Playを介してアプリのマルウェアスキャンを行う機能。Android 4.2以上にはOSに組み込まれており、それよりも低いバージョンでは利用できませんでしたが、最近の「Gogole Playサービス」アプリのアップデートで追加され、Android 2.2~Android 4.1.xの端末でも同様のマルウェアスキャンを実行できるようになりました。利用方法はアプリの手動インストール時に「確認してインストール」を選び、次の画面で「同意する」ボタンをタップするだけです。利用の有無は、アプリドロワー上の「Gogole設定」アプリでON/OFFを切り替えることができます。



(juggly.cn)記事関連リンク
KDDI、「4G LTE」で下り最大100Mbpsに対応したサービスを開始
KDDI、個人向けサポートサービス「auスマートサポート」を6月6日より提供
KDDI、”URBANO”ブランドのスマートフォン2作目「URBANO L01」を発表

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。