ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『振り込め詐欺』の新名称が決定! しかし注目は他の候補作のセンスだった……

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

『母さん助けて詐欺』に決定!

警視庁は5月12日、『振り込め詐欺』に代わる名称として『母さん助けて詐欺』を最優秀賞に選んだと発表しました。

最近の『振り込め詐欺』は手渡しで現金を受け取る手口が多く、銀行振込を連想させる『振り込め』という名称と実態が合っていないとして、新たな名称を募集していました。

今回、約1万4000点の応募があり、『ニセ電話詐欺』『親心利用詐欺』が優秀賞に選ばれたそうです。

ところが、今回のこのニュースで、注目を浴びたのは受賞しなかったその他の候補作でした。

なんでも、そのセンスが異常だったと、話題になっているのです。

まさに玉石混交

ほかの応募作として『なりすまし詐欺』、『パニック詐欺』、『だましTEL詐欺』など、なるほどと膝を打つような名称のものもありましたが、結構ユニークと言いますかユーモラスと言いますか、常識を疑うと言いますか、そういった作品もあったようです。

ざっと紹介すると

・おサギとピーポ
・青いうサギ
・AKB(あんた金ぶっこみなよ)詐欺
・MT(まさかの展開)詐欺
・ふりーこみゅこみゅ

など。
若い人はご存じないでしょうが、『青いうサギ』というのは酒井法子さんの昔の歌である『碧いうさぎ』をもじったものでしょうかね。ネーミングセンスは嫌いではありませんが、良識は疑いたいです。

『おサギとピーポ』、『AKB詐欺』、『ふりーこみゅこみゅ』は本人やファンから訴えられかねない、なかなか危険な名前ですよね。

こうやって並べてみると、実にカオスです。

それにしても『母さん助けて』というのは……

これに対し、ネットでも毀誉褒貶(きようほうへん)が飛び交っておりました。

中には

それってどこかの民主党の元・総理の手口じゃねぇか

という意見や

これもこれでわかりづらい。ただでさえ(自分のような)高齢ニートは存在が「母さん助けて」なのに……。

という意見も。

総じて、新名称に否定的な意見が散見されました。

果たして、この名称、根付くのでしょうか。
画像はhttp://www.keishicho.metro.tokyo.jp/han_furikome/2_kakunin.htmより引用

※この記事はガジェ通ウェブライターの「写楽斎ジョニー」が執筆しました。あなたもウェブライターになって一緒に執筆しませんか?

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP