ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Android向けホームアプリ「Apex Launcher v2.0」がリリース、有料版では通知アプリ「Apex Notifier」が利用可能

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Android向けホームアプリの中でも人気の高い「Apex Launcher」がv2.0にバージョンアップされました。また、v2.0の有料版向けの新アプリ「Apex Notifier」もリリースされました。Apex本体のアップデートでは様々な改善や新機能の追加が行われています。新機能の多くは有料版の「Apex Launcher Pro」向けで、アプリドロワーにおけるフォルダ作成機能や通知バッジの外観変更オプションが追加、Apex Notifierの利用に対応しました。Apex Notifierは、不在着信数、未読SMS数、Gmail、メール(HTCやSamsung提供アプリ)、K9メール、Googleトーク、Google Voice、カレンダーの予定数、バッテリーレベルをアイコン上にバッジ表示するアプリで、Android 4.2以上で利用可能なDashClockのエクステンションとしても利用できます。無料版向けの変更内容としては、翻訳の改善、アイコンなどの長押し時の振動時間の調節オプション、アクティビティピッカーと壁紙ピッカーのアップデート、Apex設定画面の再構築、Apexアプリの自動更新チェックのデフォルト無効化などが行われています。「Apex Launcher」、「Apex Notifier」(Google Playストア)



(juggly.cn)記事関連リンク
HTC製「PO68XXX(DLXPLUS)」シリーズがWi-Fi Allianceの認証を取得
Sense 5.1にアップデートされたHTC Butterflyのデモ映像
Android版「Flipboard」がv2.0にアップデート、独自の雑誌を作成・共有できる新機能が追加

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP