ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

星野源、セカオワ、The Birthdayが好発進! 今週のタワレコ・チャート

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 

タワーレコード全店の4月29日~5月5日集計の週間チャートを発表します!

〈アルバム〉
1. 星野源 『Stranger』
2. ゆず 『LAND』
3. SHINee 『Chapter 2 ‘Why So Serious?: The misconceptions of me’- SHINee Vol.3』
4. ストレイテナー 『21st CENTURY ROCK BAND』
5. HEY-SMITH 『Now Album』
6位以下などの詳細はこちらから

〈シングル〉
1. SEKAI NO OWARI “RPG”
2. Sexy Zone 『Real Sexy!/BAD BOYS』
3. クリープハイプ “憂、燦々(ゆう、さんさん)”
4. 青SHUN学園 “今、ここに立って!!”
5. 関ジャニ∞ 『へそ曲がり/ここにしかない景色』
6位以下などの詳細はこちらから

〈DVD〉
1. 嵐 「ARASHI LIVE TOUR Popcorn」
2. 「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q EVANGELION:3.33 YOU CAN (NOT) REDO.」
3. The Birthday 「RAISE YOUR BLACK FLAG The Birthday TOUR VISION FINAL 2012. DEC. 19 LIVE AT NIPPON BUDOKAN」
4. 「踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望」
5. aiko 「15」
6位以下などの詳細はこちらから

 

トップ5すべてが初登場作品となったアルバム・チャートは、星野源のサード・アルバム『Stranger』が首位を獲得。本作には、資生堂〈アネッサ〉のCMソングとしてオンエアされた“夢の外へ”や、映画「ぱいかじ南海作戦」の主題歌“パロディ”など計12曲が収められています。そして、2位はゆずの2年3か月ぶりのオリジナル作『LAND』。こちらも〈ユーキャン〉のCM曲“イロトリドリ”をはじめとする話題曲が満載された一枚です。ほかにはSHINeeが韓国サード・アルバムの〈Chapter 2〉として発表した新作、今年メジャー・デビュー10周年を迎えるストレイテナーの初ベスト、気鋭のインディー・バンドであるHEY-SMITHの3枚目のフル作がトップ5入りを果たしました。

シングル・チャートを制したのは、SEKAI NO OWARIが「映画クレヨンしんちゃん バカうまっ! B級グルメサバイバル!!」にテーマ・ソングとして提供した“RPG”。さらに、メンバーの中島健人が主演する日本テレビ系のドラマ「BAD BOYS J」の主題歌“BAD BOYS”を収めたSexy Zone両A面作が2位、2013年の〈アネッサ〉CM曲に起用されたクリープハイプの“憂、燦々(ゆう、さんさん)”が3位に入るなど、タイアップ曲が上位に並びました。そんななか、九州・福岡発のロック系アイドル・グループである青SHUN学園の新曲“今、ここに立って!!”が4位と健闘しています。

DVDチャートは先週と変わらず、嵐の「ARASHI LIVE TOUR Popcorn」と〈ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q〉が1位と2位に。映画「踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望」は前週の5位から4位にランクアップと、発売2週目のタイトルが高い人気をキープしています。また、3位にはThe Birthdayが最新アルバム『VISION』を引っ提げて行った昨年の全国ツアーより、バンドにとって約5年ぶりの東京・日本武道館公演の模様を収めたアイテムが初登場し、Blu-ray版が5月1日に登場したaikoのライヴ映像作「15」が5位に浮上しました。

タワーレコードの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。