ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ジャケ買い感覚でボカロ曲が選べる! Sounds39を利用しよう

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


sounds39をご存知だろうか? クリエイティブユニット『nejimaki-act』が制作、運営するVOCALOID楽曲専用サイトだ。2012年11月にリリースされ、2013年5月3日にリニューアル。更に利用しやすくなった。
今更ながらVOCALOIDとは、ヤマハが開発した歌声音声ソフトウェアのこと。作成された楽曲は主にニコニコ動画への投稿により視聴される。従来のレコード会社主導のレーベル市場と異なり、独自のクリエイティブな音楽世界が形成されてきた。今年で10年目を迎える革新的な技術だ。代表例は「初音ミク」といえば通じるだろう。

このVOCALOIDの楽曲専用の再生サイトがsounds39だ。画期的な点として、楽曲をジャケ買い感覚で選べることが挙げられる。

サイトの理念を引用しよう。

VOCALOID曲をジャンル別に一覧する。
CDショップではごく普通のことがVOCALOID曲となると、すごくやりにくかった。『sounds39』は、まるでCDショップで好みのジャケットを探し出ように楽曲を一覧し、感覚で再生する楽しさを実感します。

ユーザーにとって、これまではニコニコ動画のランキングがVOCALOID曲検出の目安であったが、sounds39ではまるでCDショップに立ち寄ったようにリスト化されている。動画の一覧から好みの楽曲をフラットな感覚でチョイスできる。より自分の好みに近い楽曲が選出されれば、VOCALOIDをもっと身近に感じられるだろう。
もちろん、ユーザーにとって便利なだけではない。

当サイトはニコニコ動画公式の外部プレイヤーを採用しており、本家動画に再生数が加算されます。ニコニコ動画アカウントを持っている方は、楽曲を再生すると再生履歴に反映されます。
YouTube外部プレイヤーを使用している個所は、YouTubeの動画に加算されます。

楽曲提供者にとっても、こんなに嬉しいことはないだろう。今までは埋もれていた楽曲から、これまでにない人気曲が輩出されるかもしれない。スマートフォンにも対応している。その目で、その耳でアクセスしてみよう。

 

sounds39
http://sounds39.com/ 【リンク】

nejimaki-act
http://nejimaki-act.com/ 【リンク】

YAMAHA VOCALOID
http://www.vocaloid.com/ 【リンク】

※この記事はガジェ通ウェブライターの「小雨」が執筆しました。あなたもウェブライターになって一緒に執筆しませんか?

カテゴリー : エンタメ タグ :
ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP