ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

これが本当の焼きそば? ペヤング『和風焼き蕎麦』

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

“焼きそば”というとウスターソース系の味付けで濃いというイメージです。今回のペヤング(まるか食品)から販売された『和風焼き蕎麦』は本当に蕎麦を焼いて作ったようなイメージの食べ物です。この『和風焼き蕎麦』の実食レビューをしてみます。

味は和風そば

味は”蕎麦つゆ”と”天かす”をイメージした味です。麺は和そば(蕎麦)といっても間違えありません。カップラーメンやカップそばのお湯を抜き、ソースをかけて焼きそばのように楽しむ方法がありますが、この商品は、最初からそれを楽しむことが出来る商品であったりします。

日本蕎麦なのに、ドライな食感を楽しむことができます。これこそ本物の”焼き蕎麦”といった感じです。

あと、ペヤングの普通の焼きそばの場合は、食べた後も香りが体に残るというくらい強いイメージがありますが、この製品はそのようなことはありません。

“やきそば”と書いてありますが、全く違う新ジャンル”焼き蕎麦”が登場したと言っても過言ではないでしょう。

作っている写真

パッケージ写真からは全く焼きそばというイメージはない。日本蕎麦が欲しい人は迷いそう。

 

“ペヤングやきそば”という表示があるので純粋な蕎麦では無いことはわかります。

 

ペヤング愛好家?はこれを見ればホッとするいつものデザインです。

 

蓋をあけると明らかに蕎麦色の麺が現れます。

 

普通は”ソース”と書かれている袋には”つゆ”と書かれています。何か違うというイメージです。

 

おなじみのかやく。注意点としては食べる直前にかけること

 

麺、かやく、そしてつゆ。

 

お湯を入れて三分間待つ。通常ならお湯と一緒に入れるかやくが乗ったままです。

 

お湯を切ったあとの麺です。 蕎麦といってもおかしくない色です。 香りも蕎麦です。

 

“つゆ”を投入。ドロっとしています。

 

ここでやっと”かやく”の投入です。食べる直前です。

 

かやくと麺をよく混ぜます。 普通のやきぞばと違って、乾いた天かすは混ざりにくいです。

 

出来上がりの麺です。見た目は汁のない日本蕎麦です。

 

出来上がりです。見た目から普通の焼きそばと違うあっさりとした感じです。

 

普通な焼きそばは好きだけど、あっさりとしたものを食べたいときにおすすめです。 意外にライスと一緒に食べるのも美味しいです。 2,3人で分けてライスに乗せるとふりかけ感覚だと思います。 ボリュームある朝食としてもいいかもしれません。

 

 

製品詳細|まるか食品株式会社(ペヤングの製品ページ)

http://www.peyoung.co.jp/item/product/35

 

筆者が食べている動画
http://youtu.be/Dq9rLhDNVKM

※この記事はガジェ通ウェブライターの「寺平長由」が執筆しました。あなたもウェブライターになって一緒に執筆しませんか?

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP