ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

エア・リキード社が無料でガスに関する百科事典アプリを発表 面白い企業PR

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


一般向けではない商品を扱っている会社も、認知度を上げるために企業PRを行うことが多いですが、多くはCMなどで企業名を言うだけという内容。圧縮ガス販売大手のエア・リキードも、企業や病院などに窒素や酸素などのガスを販売する会社で、一般の消費者が直接買うものではないため、一般の人には縁がない会社とも言えます。

エア・リキードは企業PRのために、気体に関する百科事典アプリ『ガス・エンサイクロペディア』を公開していました。また、気体関連の計算を行う『Easy Gas Converter』もリリース。今回はこの二種類のアプリを紹介していきます。

ガスの百科事典アプリ『ガス・エンサイクロペディア』

『ガス・エンサイクロペディア』は、ガス(気体)に関する情報を知ることができる百科事典アプリです。気体に限られますが、無料で使うことができるのが良いところ。対応は『iPad』ですが、今年の6月にAndroidに対応したアプリもリリースすると発表しています。


画面上に表示された元素名をタップすることによって、詳細を見ることができます。一般的な化学式はもちろん、利用用途などを知ることができます。さらに安全性なども見ることが可能。


元素の一般的な情報を知ることもできます。難点としては、雰囲気が堅めなところです。


気体がそのような用途で使われているかを調べることもできます。意外な発見があったりします。

危険であるかどうかも調べることができます。これも興味がある情報ではと思います。

ガスの単位を変換できる『Easy Gas Converter』

『Easy Gas Converter』は、ガスに関する単位の変換ができるアプリケーションです。こちらは実用的で、想定した利用ユーザーは、プロや学生。iOSとAndroidに対応しています。実用的ですが、遊んでいると意外な発見があったりします。


変換したい元素を選びます。当然ですが、選べるのは常温で気体の物質のみ。


炭酸ガス(CO2)の画面です。1平方メートル(1000リットル)で約2キログラムの重さがあることがわかります。意外に気体も重量があることがわかります。

いずれも完全なエンタメ系なアプリではないですが、意外な発見があると思います。是非、遊んでみてください。

iPad無料アプリ「ガス・エンサイクロペディア」 > Air Liquide Japan
http://www.jp.airliquide.com/ja/ipad.html[リンク]

Air Liquide announces its “Easy Gas Converter” mobile app for smart phones > Air Liquide
http://www.airliquide.com/en/air-liquide-announces-its-easy-gas-converter-mobile-app-for-smart-phones.html[リンク]

画像はwww.jp.airliquide.com、アプリ『ガス・エンサイクロペディア』及び『Easy Gas Converter』から引用

※この記事はガジェ通ウェブライターの「寺平長由」が執筆しました。あなたもウェブライターになって一緒に執筆しませんか?

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP