ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Xperia P LT22iをAndroid 4.1.2(Jelly Bean)にアップデート!主な変更内容を紹介

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Sony Mobileの2012年モデル「Xperia P LT22i」に昨日よりAndroid 4.1へのアップデートの配信が開始されました。手元のXperia Pを早速アップデートしてみたので、(気づいた範囲で)変更内容を紹介致します。Xperia Pは発売から1年が経過しようとしています。発売当初はAndroid 2.3でしたが、この1年の間にAndroid 4.0(ICS)→Android 4.1(Jelly Bean)と、2度もOSのバージョンアップが実施されたことになります。他社端末からみると比較的素早く、手厚いサポートのように思えます。今回は台湾向けのFTFファイルをFlashtoolを使用して導入しました。他国版とはプリインストールアプリが違うだけで、それ以外はおそらくどの国のバージョンとも共有しているかと思います。今回のアップデートでOSバージョンはAndroid 4.0.4→Android 4.1.2になりました。主な違いとしては、UIなどの外観が一新したところでしょう。ホームアプリ、通知パネル、壁紙、ロック画面など主要な部分はXperia Zを始めとした2013年モデルや既にAndroid 4.1.2にアップデートされたXperia T/V/TXと同じものが提供されています(細かいところに違いはみられますが)。また、Sonyのメディアアプリも最新版にアップデートされ、アイコンも共通デザインに変化しました。Project Butterのおかげなのか、体感速度も若干向上したように感じられます。ロック画面はデザインが一新し、解除方法が上下スライド方式となりました。壁紙を変更することもできます。時計部分を左にスワイプするとカメラが起動し、右にスワイプすると音楽コントロールパネルに切り替わるようになっています。ホーム画面はXperia Z/ZL、Android 4.1.2版Xperia T/V/TXと同じ。ホーム画面上のSonyメディアアプリのアイコンデザインは統一され、ホーム画面はページの枚数を最大7枚の範囲で追加・削除可能になりました。ホームアプリが新しくなったことにより、ホーム画面への追加メニューは各ページを切り替えながら利用できるようになりました。アプリドロワーはフォルダを作成してアプリアイコンを整理できるほか、キーワード検索で目的のアプリを検索できるようになりました。通知パネルは、上部に電源ON/OFFボタンが追加。Jelly Beanとなったことで、日付と時刻の表示が拡大し、通知も展開して一部の内容を確認したり、アプリによっては通知から直接操作を実行できるようになりました。アプリ履歴もAndroid標準のものからXperia Z/ZL、Android 4.1.2版Xperia T/TX/Vと同じ外観になりましたが、スモールアプリの対応は見送られています。

設定メニューでは、トグルボタンのデザインが変わり、一部はJelly Beanでの仕様変更により表示内容が変わりました(登録アカウントが表示されるなど)。設定メニューの「電源管理」の内容が新しくなりました。バッテリー残量に基づく予測の使用可能時間が表示され、画面OFF時にモバイルデータ通信を切って節電を図る「バッテリーSTAMINAモード」や、バッテリー残量が低い場合に機能を制限して消費電力を減らす「低バッテリーモード」が利用できるようになりました。Sony Mobile独自機能が収録されている「Xperia」の項目は従来のまま。他のJelly Bean搭載機種に見られるスクリーンミラーリングやMirrorLink設定、MyXperiaなどの機能は追加されていませんでした。Sonyのメディアアプリ「Walkman」、「アルバム」、「ムービー」はいずれもアップデートされました。内容的にはAndroid 4.1.2版Xperia T/TX/Vのものと同じです。DLNA機器上で再生させる「Throw」に対応、Walkmanアプリでは「Clear Audio+」モードが選択できるようになりました。機能面で変わったのはこの点だけだと思います。カメラは従来のままで、おまかせプレミアムオートや連写機能は実装されていませんでした。

このほか、電話アプリが黒ベースのデザインから白ベースに変更。Jelly Beanになったことにより、Google検索アプリの新機能「Google Now」が利用できるようになりました。Google Nowの起動方法はGoogle検索アプリを起動するか、クイック検索ボックスをタップするかのいずれかで、ホームボタンを押したまま上にスライドして起動できたりはしません。

QuadrantベンチマークのスコアはAndroid 4.0では2500前後でしたが、Android 4.1になって2900台に上がりました。



(juggly.cn)記事関連リンク
Sony Mobile C550Xの名前は「Xperia ZR」?
全国のトイザらス店舗でAmazon Kindle Fire HD(7インチ)の販売が開始
Lockscreen Policy : Android 4.2のロック画面からカメラショートカットとロック画面ウィジェットを削除できるアプリ

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP