体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

香港で発売されるXperia SP(C5303)が世界のどの国のLTEを利用可能なのかを世界地図で示した画像

Sony Mobile HKが、香港で発売予定のXperia SP LTE版のLTE通信機能が世界のどの国で利用可能(ローミング可能)なのかを示した世界地図の画像を公開しました。香港で発売されるXperia SP LTE版はグローバル向け「C5303」で、スペックシートによると、2100(バンド1)/1800(バンド3)/850(バンド5)/2600(バンド7)/900(バンド8)/800(バンド20)の6バンドに対応しています。世界地図の画像に日本ではバンド1(2100MHz)が利用可能であることが記載されています。Xperia VやXperia Z海外版と同様に、少なくともバンドIの電波は掴むみたいですね。日本以外での対応はというと、韓国ではバンド1と5、カナダではバンド7、ドイツではバンド20、、他の欧州ではバンド3と7、コロンビアではバンド7で、南アフリカではバンド3で利用可能となっています。C5303は上記のLTEバンドのほか、GSM(850/900/1800/1900MHz)、WCDMA(850/900/2100MHz)にも対応しています。米国ではLTEは非サポートとなっていますが、HSPA+ バンド5(850MHz)が利用可能となっています。Source : Sony Mobile



(juggly.cn)記事関連リンク
Xperia Z SO-02EとXperia Tablet Z SO-03Eのソフトウェアアップデートが配信開始
ソフトバンク、シニア向けAndroidスマートフォン「シンプルスマホ SoftBank 204SH」を発表、月額2,980円の専用パケットプランも提供
イーモバイル、「STREAM X GL07S」にソフトウェアアップデートを提供開始、タッチパネル高感度モード設定を追加

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。