ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ASUSが1台でWindows 8とAndroid 4.1を搭載する“変態”タブレットPC『TransAiO』を発表

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


ASUSTek Computer(ASUS)は4月19日、表裏2画面を搭載する“変態”Ultrabook『ASUS TAICHI』に続いて、今度は1台でWindows 8とAndroid 4.1を搭載する“変態”タブレットパソコン(PC)『ASUS TransAiO P1801』を発表。4月20日から順次発売します。


インテルのAtomプロセッサを搭載する7インチのAndroidタブレット『Fonepad』と同時に発表した製品。ASUS製品の中では、よりハイパフォーマンスを実現するデバイスという位置づけ。



18.4インチ1920×1080のフルHDディスプレーを搭載、PCドックに装着すると『インテル Core i7-3770』プロセッサで動作するWIndows 8PC、画面を取り外すと『NVIDIA Tegra 3』プロセッサで動作するAndroid 4.1タブレットとして動作するという仕掛け。PCドックに装着中でも、スイッチでOSを切り替えてAndroidPCとして利用できます。


PCドックに装着した状態は“PCモード”。付属のワイヤレスキーボードとワイヤレスマウスを利用して、オールインワンPCのように利用します。


画面を取り外すと、18.4インチの巨大なAndroidタブレットとして利用できる“Padモード”に。タブレットにはキックスタンドを装備しているので、自立させて使うこともできます。


PCドックとタブレットが同じWi-Fi回線に接続している場合、“リモートデスクトップモード”でタブレットからWindows 8環境を利用できます。


タブレットを取り外したPCドックにHDMIケーブルで外部ディスプレーを接続すると、PCドックはWindows 8PC、タブレットはAndroidタブレットとしてそれぞれ使えるという点も変態チック。


予想実売価格は15万9800円と発表されました。パソコンとタブレットを買うよりはお得感があり、18.4インチの巨大なAndroidタブレットはほかに比較できる対象がないので、ASUSが提案する利用スタイルに魅力を感じれば買い、なのかも。『Amazon』では4月30日にメモリーとハードディスク容量を下げて12万9800円で発売する製品も公開されていました。

『ASUS TransAiO P1801』主な仕様
OS:Android 4.1(タブレット)、Windows 8 64ビット(PCステーション)
CPU:NVIDIA Tegra 3モバイルプロセッサ(タブレット)、インテル Core i7-3770プロセッサ(PCステーション)
グラフィックス:NVIDIA GeForce ULP GPU(タブレット)、NVIDIA GeForece GT 730M(PCステーション)
メインメモリー:2GB(タブレット)、8GB(PCステーション)
ディスプレー:18.4型ワイドTFTカラータッチスクリーン IPS液晶 1920×1080ドット
内蔵メモリー(タブレット):32GB
ハードディスク容量(PCステーション):2TB
光学ドライブ:DVDスーパーマルチドライブ(PCステーション)
無線LAN:IEEE802.11b/g/n
Bluetooth:3.0+EDR(タブレット)、4.0(PCステーション)
本体インタフェース(タブレット):miniUSB 2.0、microSDメモリーカード(microSDXC対応)、ドッキングポート
本体インタフェース(PCステーション):HDMI、USB 3.0×4、USB 2.0、SDメモリーカード(SDHCメモリーカード、MMC対応)
カメラ:100万画素(タブレット)
バッテリー駆動時間:約5時間(タブレット)
本体サイズ(タブレット):W466×D18×H294mm
本体サイズ(PCステーション):W466×D162×H267mm
タブレット+PCステーションサイズ:W466×D162×H376mm
本体重量(タブレット):約2.4kg
本体重量(PCステーション):約4.1kg
付属品:PCステーション用ACアダプター、電源コード、タブレット用ACアダプター、ワイヤレスキーボード、ワイヤレスマウス、クイックスタートガイド、製品保証書

shnskの記事一覧をみる ▶

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP