ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

HTCが新型Desireスマートフォン「Desire L」を台湾で発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

HTCが台湾で新型Desireスマートフォン「Desire L」を発表しました。Desire Lは現地キャリア遠傳電信より5月上旬に発売される予定です。Desire Lは、4.3インチWVGA解像度のSuper LCD2、1GHzのデュアルコアプロセッサ(Mali-400GPU)を搭載したエントリーレベルのAndroidスマートフォン。本体デザインやスペックから昨年秋に中国で発売されたHTC One SUのシングルSIM版とみられます。この端末のHTC型番は「PM6014」、コードネームは「cp2u」。販売価格は10,900台湾ドル(約36,000円)。カラバリはブラック、ホワイト、女性向けのピンクの3色。OSはAndroid 4.1.1(Jelly Bean)で、Sense 4+を搭載。HTC Imagechipを搭載するほか、Beats AudioやHTC MediaLink HDにも対応しています。RAM容量は1GB、内蔵ストレージの容量は4GB、Micro SDカードも利用可能です。カメラは背面に500万画素(裏面照射型CMOS、F2.0・28mmレンズ、LEDフラッシュ付き)を搭載。720pHD動画の撮影やスローモーション動画の撮影が可能。Sightseeing Modeにも対応しています。前面カメラはありません。ワイヤレス通信機能はWi-Fi b/g/n、Bluetooth v4.0、DLNA、GSM 900/1800/1900MHz、WCDMA 900/2100MHzに対応しています。バッテリー容量は1,800mAh。本体サイズは128mm×66.9mm×8.9mm、質量は118g。Source : HTCSogi



(juggly.cn)記事関連リンク
HTC Oneが米国で発売開始、SIMロックフリー版とDeveloper版は4月末に延期
東芝、Android 4.2を搭載した新型タブレット「REGZA Tablet AT720」を開発中
人間の脳でタブレットを操作するデモをSamsungの研究者らが披露

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP