ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

最後の役者バカ 三國連太郎さん死去!映画史に残る壮絶エピソードの数々

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


4月14日、俳優の三國連太郎さんが心不全のため都内の病院で亡くなった。享年90歳、60年を超える役者人生だった。
若い読者の方には『釣りバカ日誌』シリーズや『皇潤』のCMで見せていた好々爺、枯れたイメージが強いと思うが、デビュー以来三國さんが築いてきたイメージは、むしろギラギラした悪人、猟奇的な異常者など、ずいぶんこってりとしたものだった。また三國さんは周囲の共演者も恐れるほどの役者バカで、いったん役に入り込むと常軌を逸した行動におよぶことがあった。以下に本人や関係者の語った代表的なエピソードを挙げる。

「10歳以上年の離れた田中絹代と夫婦役を演じるため、歯を十本以上抜いてきた」(本人談)

「アドリブで緒形拳の顔に唾をかけて喧嘩になった」(今村昌平談)

「通常、ふりだけで表現する暴力シーンを本気でおこない、西田敏行を杖で殴って半殺しにした」(武田鉄矢談)

「男ばかりでなく女優(有馬稲子)も本気で殴って失神させた」(本人談)

いずれも利害や人間関係を度外視した、並の感覚ではなしえない奇行といってよいだろう。しかし、そうしたずば抜けた集中力や表現力があったからこそ、古今の名監督から重宝され、200作近い映画に出演し、ブルーリボン賞、日本アカデミー賞主演男優賞、出演紫綬褒章など数々の栄誉に浴することができたのだ。
ともあれ日本はまた一人、貴重な名優を失ってしまった。故人のご冥福をお祈りしたい。

※画像は『AMAZON』(ひかりごけ[VHS])から引用しました

※この記事はガジェ通ウェブライターの「中将タカノリ」が執筆しました。あなたもウェブライターになって一緒に執筆しませんか?

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。