体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

NIRGILIS岩田アッチュ&稲寺佑紀『Re:animation5』直前インタビュー「私たちは野外が似合う!」

中野駅北口広場でのNIRGILISの二人

『交響詩篇エウレカセブン』で使われた「sakura」をはじめ、『鉄腕バーディー DECODE:02』の「kiseki」、『デッドマン・ワンダーランド』の「SHINY SHINY」といったアニメのテーマソングに起用され、アニメファンにもなじみが深いNIRGILIS(ニルギリス)。2013年4月13日に東京・中野で開催される『Re:animation5』では、16時40分よりステージに立つことになっています。

過去の『リアニ』にも出演するなど、浅からぬ縁を持つNIRGILIS。今回はメンバー・岩田アッチュ(Vo,key,programming)と稲寺佑紀(Dr,VJ,programming)にインタビューを実施。アニメやゲームとの関わりや、『リアニ』でのパフォーマンスがどのようになるのか、開催地の中野でお話を聞きました。

ーーニルギリスといえばやはり「sakura」のイメージが強いと思います。2つ以上の曲からミックスするマッシュアップという手法自体にも注目が集まりました。

岩田:もともと「cherry blossom」というオリジナル曲があって、そこに「アメージング・グレース」をマッシュアップしたものなのですが、監督の京田知己さんが音楽にこだわってらっしゃったので、今回はアニメとオペラというのがテーマだと聞いてこのマッシュアップを思いつきました。京田監督には合わせ技が気に入ってもらえました。

ーー主催イベントでも、アニメやゲームをピックアップされています。

稲寺:私たちの周囲にはアプリを含めてゲームをする人間がたくさんいるんですね。私は、ハードを揃えるけれどあまりソフトをやらないので、宝の持ち腐れなところもあるのですが(笑)。それで、スタジオえどふみさんと『クラブニルギリス』をコラボでやらさせて頂く機会がありまして、『ニコニコゲーム実況チャンネル』の主題歌に「恋する惑星」「Walküre」を使って頂いています。

岩田:「Walküre」はドラムンベースなんですけれど、ドラマチックな展開がゲームっぽいと感じて作りました。ニコニコの皆さんにもニルギルスを受け入れてもらったし、大きなチャレンジになりましたね。

ーー今ではゲームの音楽やSEをサンプリングして聴かせるということも多いですが、その面白さはどこにあると考えていますか?

稲寺:例えばRPGだと、ずっとループをしていても聴ける音楽であるはずなんです。コントローラーを置いたままでもずっと流れているみたいな。逆にサンプリングで効果音があったり、高度でもう未知の領域ですね(笑)。

岩田:私たちは『Beatmania』世代ではあるんですよね。最近ではCGを使って映画のようなストーリーが展開されているので、もっといろいろなジャンルの音楽が使われるとより面白くなるといいなと思います。

稲寺:『ダンスダンスレボリューション』とか、身体を動かすことも出来て、コミュニケーションの手段になっていますよね。『クラブニルギリス』でもファミコンを置いてお客さんにソフトを勝手に持ってきてもらうといったことをやりましたが、見ていても楽しいです。

NIRGILIS

ーー『Re:animation』との関わりもお聞きしたいと思います。もともと、杉本真之さんが開いていた『エウレカ』のファンイベント『GEKKO NIGHT』に行ったことがきっかけとのことですが。

稲寺:最初に雑誌『FLOOR net』の編集長と「面白いイベントがあるから行ってみよう」ということになって。『エウレカ』のファンが集まっていると。それまでそういったカルチャーとは触れていなかったけれど、案外面白かった。皆アニメソングとそれ以外の音楽とが混在していて、みんな自由に楽しんでいるというのが新鮮でしたね。

1 2次のページ
ふじいりょうの記事一覧をみる

記者:

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: http://yaplog.jp/parsleymood/

TwitterID: parsleymood

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。