ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

東芝、国内向けにAndroid 4.2を搭載したタブレット「REGZA Tablet AT502***」を開発

DATE:
  • ガジェット通信を≫

東芝が国内向けに「REGZA Tablet AT502***」を開発していることがBluetoth SIGの認証情報より明らかになりました。Bluetooth SIGで公開されている認証情報のDesign Nameには、「TOSHIBA AT10-A******** (* means 0~9; a-z; A-Z; / ; – ; or blank)」、「TOSHIBA AT15-A******** (* means 0~9; a-z; A-Z; / ; – ; or blank)」、「REGZA Tablet AT502******** (* means 0~9; a-z; A-Z; / ; – ; or blank)」の3モデルの型番が記載されています。「REGZA Tablet」は国内向けブランドなので、「AT502」は国内向けに準備されているモデルになります。AT10-A、AT15-A、AT502の詳細は不明ですが、Software Version Numberの「tostab12BL-eng 4.2.1 JOP40D eng.daily-build-a.20130329 test-keys」という情報から、Android 4.2.1(Jelly Bean)を搭載したタブレットで、昨年発売された「AT500」が10.1インチタブレットだったことから、画面サイズ10.1インチの大画面モデルと予想されます。東芝は今年夏頃にTegra 4を採用したタブレットを発売すると過去に伝えられていました。今回のAT502がそれなのかもしれません。ちなみに、Bluetoothの対応バージョンはv4.0でした。Source : Bluetooth SIG



(juggly.cn)記事関連リンク
ソフトバンクのシャープ製スマートフォン一部機種でエコ技設定アプリ利用中に不具合、Pantone 6 200SHには対策版ソフトウェアを配信開始
NTTドコモ未発表のSamsung端末「SC-04E」がFCCの認証を取得
ASUSのGoogle TV「Qube」は4月23日に発売予定で、価格は$129前後らしい

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP