ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

日本トイザらス、キッズ向けAndroidタブレット『MEEP!』を4月26日に国内発売、価格は1万4999円

DATE:
  • ガジェット通信を≫


日本トイザらスは4月10日、キッズ向けAndroidタブレット『MEEP!(ミープ)』を4月26日に全国のトイザらス・べビザらス店舗・トイザらスオンラインストアで発売すると発表しました。価格は1万4999円(税込み)で、本日より予約受付が行われています。

『MEEP!』は、2012年9月に米国で発売された『MEEP Kids Tablet』の日本版で、シリコン製バンパーを備えた頑丈ボディと保護者が遠隔地からタブレットの利用を制限できるペアレンタルコントロール機能を搭載したところや、小さな子供向けのコンテンツを多数収録したところが特徴となっています。

『MEEP!』は画面サイズ7インチのAndroid 4.0(ICS)タブレット。『Google Play』にも対応しており、アプリを『Google Playストア』からインストールできるほか、子供向けアプリを配信する『MEEP!ストア』からでも無料・有料アプリをダウンロードすることができます。『MEEP!ストア』では仮想通貨で有料アプリが購入できますが、購入の際に親の承認を必要とする設定を行うことができます。

『MEEP!』には『Angry Birds』や『UNO』といった人気ゲームやお子様向けポータルサイト『Yahoo!きっず』のブラウザアプリなど約50種類の子供向けコンテンツが収録されています。ディスプレーは7インチ800×480ピクセルのTFT液晶。タッチパネルにはタブレット初のzForce技術を採用したものを搭載しており、指でのタッチはもちろん、ペンや絵筆、手袋をつけたままでもタッチ操作できるとされています。プロセッサはCortex-A9ベースのシングルコアCPU。RAM容量は512MB、内蔵ストレージの容量は4GB、microSDカードスロットやminiHDMI出力端子、マイク・ヘッドホン端子も搭載されています。カメラは前面に30万画素CMOSを搭載。ワイヤレス通信機能はWi-Fi b/g/nに対応。バッテリー容量は2000mAhで、連続駆動時間は約4時間。本体サイズは140mm×219mm×28mm、質量は450g。カラバリはオレンジ、ブルー、ピンクの3色。『MEEP!』アクセサリーとして、ヘッドホンやゲーム用のジョイスティックも販売されることになっています。
Source : 日本トイザらスMEEP!特設サイト(日本語)



(juggly.cn)記事関連リンク
Google Playミュージックの提供国が拡大、オーストリア、オーストラリア、ベルギー、アイルランド、ルクセンブルグ、ニュージーランド、ポルトガルで利用可能に
Galaxy S 4よりも先にそのクローン端末「HDC Galaxy S 4」が中国で発売
Sony Moble、Xperia V LT25iに新バージョンのファームウェア「9.1.A.1.140」を配信開始

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP