体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

“わがまま環境”を作って『カプコン アーケード キャビネット』の『1943』をプレイする

わがまま環境で『1943』をプレイ

『カプコン アーケード キャビネット』とはなんぞや

今回紹介するのは『カプコン アーケード キャビネット』というPS3およびXbox360で動作するゲームプラットフォーム。
カプコンが過去に出した名作レトロゲームを遊ぶことが出来てしまうのだ。

カプコン アーケード キャビネット

『カプコン アーケード キャビネット』そのものは無料。ダウンロードするだけでも『ブラックドラゴン』がオマケでついてくるので(腕次第ではあるが)エンディングまで遊べるのだ。加えて『1943』と『必殺無頼拳』の体験版もついてくるので、これだけでもかなりやりごたえがある。。

前回記事ではあの『魔界村』をダウンロード購入して、その内容を紹介した。

※前回記事
80年代よ再び―『魔界村』で試す「おっさんゲーマーは当時の自分より上手くプレイできるか?」
http://getnews.jp/archives/298371 [リンク]

今回も名作『1943』をダウンロード購入し、当時のゲームセンターではできなかったことを試してみたい。
※すべての写真が表示されない場合はこちら

購入画面

大画面モニタと放送用スピーカーと高級ジョイスティックで環境構築してみる

環境

まず、モニタは大画面の液晶テレビを用いた。これについてはプロジェクタを用いたり、ゲーム専用液晶モニタを用いるなどの選択肢が想定できるが、今回はコストパフォーマンスと再現性を優先してみたぞ。

スピーカーについては、(マスタリング用モニタスピーカーという選択肢もあったのだが)生放送業務で使用しているものを用いて音圧と音量重視にしてみた。

スピーカー

ジョイスティックは、対戦ゲーム用の高級ジョイスティックを使用。

ジョイスティック

対戦ゲーム用に特化しているとはいえ、瞬間瞬間を切り取ることが必要なシューティングゲームにも必要な耐久性とレスポンス、操作性が備わっているのでベストチョイスだろう。

ちなみに座椅子とちゃぶ台は筆者の趣味だ。

座椅子とちゃぶ台
1 2 3 4次のページ
オサダコウジの記事一覧をみる

記者:

「予備校生のような出で立ち」で写真撮影、被写体(スチル・動画)、記者などできる限りなんでも、体張る系。 「防水グッズを持って水をかけられるのが好き」などの特殊な性質がある。 好きなもの: 食べ物の写真、昔ゲーム(の音)、手作りアニメ、昭和、穀物

TwitterID: wosa

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。