ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

1500種類以上のガジェットが充電可能な充電器『The Sanctuay』

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

カバンの中に入っている携帯電話や『iPod』などの電子機器、あるいは『ニンテンドー DS』や『PSP』といったゲーム機など、何気ないけれども大切なガジェットたち。今やこれらは生活する上で欠かせないアイテムであり、日常のあらゆるシーンで使用されています。

そんな便利なガジェットを使いつつも、ちょっと気を抜くと気がついた頃にはいつの間にやら電池が切れて、ただの物体に。当然充電が必要になるわけですが、充電器は例外なくコードが長いものです。こんがらがって、ほどきにくくなったり、出しっぱなしで足を引っかけたりといい事なし。第一、伸びきってからまったコードほど見た目に美しくないものなんて!

充電器のそんな悩みを解決すべく、トリニティより「あらゆるガジェットをまとめて充電」する事ができるアイテム『The Sanctuary』が発売されています。「sanctuary=聖域」と名づけられたこの製品、なんと1500種類以上のガジェットを充電する事ができるのです。携帯電話用にはdocomo、softbank、auのコネクタはもちろんのことNOKIAのコネクタまでサポートされています。

更には『PSP』、『DS lite』、『iPod』などの携帯ゲーム機、そしてUSBポートなど12種類のコネクタが接続されています。メス型USBコネクタも付属しているので市販の変換コネクタを使用することで、さらに多くのガジェットを充電可能にします。

そして、これだけの充電をカバーする事ができるうえ非常にスタイリッシュなデザインになっており、外部からはややこしいコードがほとんど見えません。四角いトレーの中にあるコネクタを、ガジェットを置くためのインナートレーの下から持ってきてガジェットに差し込めば、煩わしいコードに邪魔をされずに充電できます。また、インナートレーに家の鍵などを置いておけば、翌日に貴重品を忘れることなく家を出る事ができます。

約20センチ四方の正方形の本体は、内部に12種類のコネクタが入っているとは思えないすっきりした見た目。各コネクタから伸びるコードの長さはトレーの上に持ってきやすい丁度良い長さとなっています。インナートレーの大きさは携帯電話、iPod、DSliteに家の鍵を置くと丁度良いスペース。

インナートレーはベルベットのような手触りで上品な仕様で、ガジェットを取る時に少しセレブな気分になったりもします。大元のコードは長く、コンセントから遠い場所でも置いておけます。トータルでの使用感は非常に良い使い心地でした。

この“聖域”が一つあれば、あらゆるガジェットを快適に充電できる生活が待っています。こんがらがったコードにうんざりしている貴方、いかがでしょうか?

『The Sanctuay』の主な仕様
対応充電コネクタ:NOKIA a、NOKIA b、Sony Ericsson、DoCoMo FOMA/Softbank 3G、au、PSP、ニンテンドーDS Lite、mini USB、micro USB、USB、iPod/iPhone、USBポート(メス)
※市販の変換コネクターを利用することによりさらに多くのデバイスの充電が可能。
パッケージ内容:本体×1、 リバーシブルインナートレー ×1、100V AC(5V DC)電源アダプター ×1、日本語マニュアル ×1
素材(ホワイト/ブラック):ABS(鏡面加工)、ラバー(本体)、ベロア(インナートレー)
素材(ダークウッド):ABS/プリントシール貼り、ラバー(本体)、PUレザー(インナートレー)
本体入力端子:6V
本体出力端子:6V – 3A
ACアダプター出力端子:5 – 5.7V
ACアダプター入力端子:110 – 240V
動作温度範囲:0℃〜40℃(結露なきこと)
サイズ:231 × 50 × 231mm(W × H × D)
重量:1008g

※この製品のお問い合わせはこちら
www.trinity.jp
info@trinity.jp
048-299-3433

■関連する投稿
クリスマスプレゼントに!“キティちゃん”の顔形テレビ
『PSP go』を充電できない人が増えているらしい
ゴージャス! スワロフスキー社製クリスタル使用『スカルペンダントUSBメモリー』

古街の記事一覧をみる ▶
古街

記者:

普段は生放送の制作をしています。 ヴィジュアル系バンドを追っかけて半生、ライブのためなら東西南北果ては海外へでも、どこでも行きます! 地方の美味しい食べ物とお酒、夜行バスで寄る夜中のサービスエリア、新幹線乗り場や空港などの人が行き来するところが好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/oldxtown

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。