ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Kickstarterで$99のAndroid PC「MiiPC」のプロジェクトが進行中、Miracast受信機としても利用可能

DATE:
  • ガジェット通信を≫

3月下旬よりKickstarterで$99の”次世代のAndroid PC”を謳う「MiiPC」のプロジェクトが進行しています。MiiPCはAndroid 4.2(Jelly Bean)を搭載したボックス型の小型PCで、テレビや外部ディスプレイにHDMIで接続、キーボードやマウスを接続できます。特徴はモバイルアプリ(Android/iOS向け)を使用したペアレンタルコントロール機能を備えたところで、子供を持つ親が子供の利用をモニタリング・制限をかけたりできるというところと、Miracast受信機としても機能することになっているので、Miracastに対応したスマートフォンやタブレットでワイヤレスディスプレイ機能を利用できるところ。Android 4.2なのでマルチユーザー利用も可能となっています。スペックは、Marvell Armada 1.2GHzのデュアルコアプロセッサ、1GB RAM、4GB ROM、Micro SDカードスロット、USB 2.0×2、HDMI出力端子、イーサネット(10/100Mbps)、Wi-Fi b/g/n、Bluetooth v4.0、スピーカー、マイク等を搭載。RAM容量を2GBにROM容量を8GBに倍増したモデルも準備されています。MiiPCを開発している米国企業のZeroDesktop社は、Kickstarterで$50,000を目標に支援者を募っており、現在のところ919人から$128,132(約1,251万円)の資金を調達しています。支援者のうち300人には$89で販売され、その方たちには”Kickstarter EarlyBird”として今年7月頃に発送される予定となっています。今のところMiiPCの一般販売の予定は明らかにされていませんが、同社はKickstarterの支援者向けに出荷を完了した後、別チャンネルでの販売も検討するだろうとしています。Source : Kickstarter



(juggly.cn)記事関連リンク
NTTドコモ、「Galaxy Note SC-05D」のソフトウェアアップデートを開始、ロック画面やGoogleマップの不具合に対処
全14色・1個2,000円のXperia Z用アルミバンパーケースを試す
厚さ6.6mmのiPad mini風Androidタブレット「Cube U30GT Mini2」、7.9インチXGA液晶・Rockchip RK3188クアッドコアを搭載

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP