ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

寝てる間に勝手に部屋を掃除してくれる掃除ロボット『MOCORO』で汚部屋がキレイに変身

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


部屋がホコリだらけで汚い男のひとり暮らしのみんなに朗報だ! 私も一人暮らしをしていて部屋の掃除が大の苦手である。掃除をする時間がもったいないというか中々行動に移せずにいるのだ。いつも掃除は放置状態で床には抜け毛やホコリや使い捨てティッシュがマリモのように溜まっていて、とてもじゃないがお客さんも入れられない状況だ。

しかし、そんな怠け者に夢のようなアイテムが出たので紹介したい。ミニロボット掃除機『MOCORO(モコロ)』3980円(税込み)である。色の種類はピンク、グリーン、オレンジの三種類。


このロボットはお掃除が大好きなのである。コロコロと自動で回転し動き回ってはホコリや髪の毛を自身のマイクロファイバーでできたモップで絡め取ってくれるのである。

普段手の届きにくいベッドや椅子の下に入り込み掃除仕事をしてくれる便利なロボットであり、私が猫なら追っかけまわしたくなるほどの球体の愛らしさである。

またミュイーン、ピコッ キュイーン など可愛らしい声を出しながら頑張って掃除をしてくれる様子は、鑑賞していても飽きない。静かに作業したい時はon/off機能で切り替えも可能だ。

あまりの活躍ぶりに、お任せして寝込んでしまっても大丈夫。15分タイマーもついていて電源切り忘れの心配もいらないからだ。そんな『MOCORO』を真面目に仕事をしているガジェット通信オフィスの事務員さん達の前で実際に使用を試みてみた。それが下記の動画である。

MOCROの使用動画(YouTube)



※この記事は、ゴールドラッシュの「横山緑」が執筆しました。[リンク]

横山緑の記事一覧をみる ▶

記者:

暗黒放送Pの横山緑(フリージャーナリスト)は言論弾圧を許さず、マスコミどもが目を背けるニュースを記事にする日本執筆倶楽部2位のプロのライターだ。仕事よこせ!

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP