ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

東ハト期間限定キャラメルコーンシリーズ商品フォトレビュー

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

東ハトの新製品「川崎のぼる でっかい!キャラメルコーン3倍・チョコレート味」「ゆでたまご でっかい!キャラメルコーン3倍・たまごプリン味」「ちばてつや でっかい!キャラメルコーン3倍・アップル味」が登場。早速フォトレビューさせていただきました。
(撮影:ガジェット通信撮影班 横山緑)

「川崎のぼる でっかい!キャラメルコーン3倍・チョコレート味」(東ハト)

(メーカー公式リリースより)
『巨人の星』や『いなかっぺ大将』などのマンガで知られ、スポーツに熱く打ちこむ少年や家族など、多くの有名キャラクターを生み出した川崎のぼる先生に描きおろしていただいたのは、まっすぐ真剣な眼差しが印象的な熱血少年がデザインされた「川崎のぼる でっかい!キャラメルコーン3倍・チョコレート味」ほろ苦いチョコレートに、練乳でコクを加えた蜜で仕上げたチョコレート味のでっかいキャラメルコーン 3倍を食べれば、ほろ苦い思い出がよみがえるかもしれません。

(メーカー公式リリースより)
◆川崎のぼる でっかい!キャラメルコーン3倍・チョコレート味
内容量 70g
パッケージサイズ 180×110×75
ケース入数 12×2
発売日 平成25年3月25日 
発売地域 北海道・九州・中四国地域 ※順次エリア拡大
商品特徴 「キャラメルコーン」から、川崎のぼる先生が描く期間限定商品が登場。

※記事中コメントは試食したガジェット通信スタッフによるもの。

「サクサクしていてキャラメルコーンに丁度いいチョコ味がついていました。大きくて新感覚でした。(30代男性)」

「かりんとうのような見た目。ほんのりビターなチョココーティングの中はサクサクコーンで食感が病みつきになりそう。(40代男性)」

「ゆでたまご でっかい!キャラメルコーン3倍・たまごプリン味」(東ハト)

(メーカー公式リリースより)
『キン肉マン』や『闘将!!拉麵男』など、プロレスや格闘技を中心とした個性豊かなキャラクターが魅力のゆでたまご先生に描きおろしていただいたのは、パワフルでユニークな超人がデザインされた「ゆでたまご でっかい!キャラメルコーン3倍・たまごプリン味」やさしい甘さで癒されて、パワーがみなぎるような、たまごプリン味です。

(メーカー公式リリースより)
◆ゆでたまご でっかい!キャラメルコーン3倍・たまごプリン味
内容量 70g
パッケージサイズ 180×110×75
ケース入数 12×2
発売日 平成25年3月25日 
発売地域 関西・東海・北陸地域 ※順次エリア拡大
商品特徴 「キャラメルコーン」から、ゆでたまご先生が描く期間限定商品が登場。

※記事中コメントは試食したガジェット通信スタッフによるもの。

「ミルクセーキみたいで懐かしくて優しい味です。口を大きく開けて放り込むのが楽しい大きさですね(*´▽`)(20代女性)」

「たまごと牛乳とお砂糖というシンプルなお菓子であるたまごプリンを再現した優しい味です。ちょっとホッとしたい時に食べたいキャラメルコーンです。(20代女子)」

「ちばてつや でっかい!キャラメルコーン3倍・アップル味」(東ハト)

(メーカー公式リリースより)
『あしたのジョー』や『あした天気になあれ』、『おれは鉄兵』などのマンガで、闘志みなぎる男性のキャラクターを生みだした、ちばてつや先生に描きおろしていただいたのは、パンチの効いた青年がデザインされた「ちばてつや でっかい!キャラメルコーン3倍・アップル味」りんごの濃縮果汁を溶かし込んだ蜜をかけて仕上げたアップル味のでっかい!キャラメルコーン3倍は、まるで甘酸っぱい青春の味わいです。

(メーカー公式リリースより)
◆ちばてつや でっかい!キャラメルコーン3倍・アップル味
内容量 70g
パッケージサイズ 180×110×75
ケース入数 12×2
発売日 平成25年3月25日 
発売地域 関東・東北・甲信越地域 ※順次エリア拡大
商品特徴 「キャラメルコーン」から、ちばてつや先生が描く期間限定商品が登場。

※記事中コメントは試食したガジェット通信スタッフによるもの。

「午後のティーブレイクのちょっとしたおやつに合いそうですね、程よい甘さでオトナなぼくでもサクサクいただけました。もちろん紅茶は無糖でね。(40代男性)」

「サクサクのアップルパイを食べているような感覚。甘味と酸味のバランスが丁度良かったです。(30代女性)

メーカー公式サイト

東ハト

ガジェット通信の記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP