体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ビジュアル系にボーイズラブ! ドイツ娘が今ハマるものとは?

伊予柑さん

1ヵ月もの間いろんな人の家を一泊ずつ泊まり歩いてそこからインターネット生放送をおこなう、というトンデモ企画を実施して話題になった伊予柑(いよかん)さんが今度はドイツへ飛んで、そちらで「泊めてください」を実行。その過程でドイツでの日本漫画やアニメなどの状況をレポートしていただいていました。今回はドイツ滞在21年で日本語教師をされている高島さんへのインタビュー。以下、伊予柑さん本人からの寄稿です。

夜の市庁舎

この時期ドイツではオクトーバーフェストというビール祭りが開かれています。これはビールが1リットルもはいるジョッキを片手に一日中飲みまくるというような豪快なイベントです。ドイツと聞いてパッと浮かぶのはこのように、ビール、ソーセージ、生真面目な性格の男たちといったところではないでしょうか。しかし実際のドイツ、特に少女達の姿はイメージとかなり異なるようです。ドイツ滞在21年、日本語教師をしながらドイツで出版社も手がける高島慶子さん(連絡先はこちら)にお話を伺ってみました。

高島さん

Q  今、ドイツの少女の間で日本文化はどう捉えられているのでしょう?
A 「ドイツの少女たちの間ではDir en grey、the GazettE、Alice Nineなどビジュアル系バンドが大人気です。私の担当している日本語のクラスで、毎年日本文化について調べて発表する宿題があるのですが、今年はJ-POP一色でした。とにかくクールでかっこいい日本文化だと見られています」

ヴィジュアル系コスプレ

Q  日本の流行からすると、少し意外な気もしますが……。
A 「全盛期の日本と同じように少女向け雑誌をめくれば必ずビジュアル系の特集があります。公園へ行けばゴス・ロリ風衣装とメイクの少女たちが歩いていて、ここは原宿かと思ってしまうくらい。ビジュアル系のコスプレイベントやダンスイベントなども大人気で、思う存分ファッションを楽しんでいます」

ふわふわ系

Q  マンガ・アニメの人気は?
A 「人気ありますよ。少し前は『天使禁漁区』や『絶愛』という少女漫画が大ヒットしましたし、日本の少女漫画の雑誌もある。コミックは普通に駅の書店にも売っています。ボーイズラブ(美少年どうしの恋愛を描いたような作品)が意外に多いんですよ(笑)。アニメ・ゲーム以外にもグッズや音楽など日本文化への間口が広がっていて、以前ほど偏っていないですね」

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。