ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

HTC、台湾でDesireスマートフォン新モデル「Desire P」を発売

DATE:
  • ガジェット通信を≫

HTCは4月1日、台湾キャリア 中華電信と共同でDesireスマートフォンの新モデル「Desire P」を発表したそうです。Desire Pの価格は10,900台湾ドル(約34,000円)。既に販売されるそうです。Desire Pは4.3インチ800×480ピクセルのSuper LCD2とQualcomm製1.0GHzデュアルコアプロセッサ(MSM8225)を搭載したミッドレンジクラスのAndroidスマートフォン。OSはAndroid 4.0、Senseはv4.1を搭載しています。Desire Xの大型版といった感じですね。Desire Pの”P”は「鳳蝶(アゲハチョウ/Papilio)」の頭文字なんだそうです。HTC Butterflyのデザインを組み合わせた外装となっています。カラバリはレッドとホワイトの2色が用意されています。RAM容量は768MB、内蔵ストレージの容量は4GB、Micro SDカードも利用可能です。カメラは背面に800万画素裏面照射型CMOS(28mm・F2.2レンズ採用)。前面には非搭載。音楽機能としてBeats Audioにも対応しています。ワイヤレス通信機能はWi-Fi b/g/n、Bluetooth v4.0(apt-x対応)、GSM/GPRS/EDGE、WCDMA/HSPA(900/2100MHz)に対応。バッテリー容量は1,620mAh。本体サイズは129.74mm×67.9mm10.7mm、質量は136g。Source : HTC Taiwan



(juggly.cn)記事関連リンク
Optimus G Pro、韓国では発売後40日間で50万台が販売
Android版「Feedly」がv14にアップデート、検索機能や操作性などを改善
Sony、写真と動画のクラウドサービス「PlayMemories Online」のAndroidアプリをv3.0にアップデート

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP