体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

文部科学省前で抗議を続ける若者たち  朝鮮学校高等部無償化指定除外問題を追う

文部科学省前で抗議を続ける若者たち  朝鮮学校高等部無償化指定除外問題を追う

去る2月13日、神奈川県の黒岩祐治知事は、「補助継続を行うことは県民の理解が得られない」として、13年度当初予算案に朝鮮学校への補助金を計上しない考えを示した。

神奈川県は、2011年の補助金交付の際の条件として、拉致問題に関する授業で、県側(日本側と言ってもいい)の見解を子供たちに伝えることを求めた。同時に黒岩知事は、「拉致問題は子供たちには関係がないことであり、多文化共生を育む姿勢を維持したい」旨を、同校の代表部に伝えている。

このような経緯があった中での、今回の補助金交付中止は物議を醸した。加えて、文部科学省の下村博文大臣は2012年12月28日に公言していた文部科学省令(法律施行規則(平成22年文部科学省令第13号)第1条第1項第2号)を2月20日付けで改訂した。これによって、朝鮮学校高等部は、高等学校学費無償化指定除外となった。

先に述べた、神奈川県の朝鮮学校高等部への補助金交付の経緯を見れば、この決定は、朝鮮民主主義人民共和国の核実験に対する制裁行為であると指摘されても、反論が難しいのではないか。

そもそも、朝鮮学校高等部の学生の中には、日本国籍を有している学生もいるとされる。日本と国交がない国の民族学校だからといって、教育の補助打ち切りを、単純に決めるわけにはいかないはずである。

また、日本は、「児童の権利に関する条約」に批准している。今回の決定によって、国際社会から、政治問題を子供に転嫁したと非難された場合、日本は国益を損なう可能性が高くなることも予想される。

在特会のヘイトスピーチ問題に加え、今回の文部科学省の決定は、国内でも様々な意見が聞こえてくるようになった。

高等学校学費無償化指定除外問題について、反対意見を唱えている在日朝鮮の人達はどのようなことを主張しているのだろうか。文部科学省前で座り込みを続けている若者たちがいるということを聞いた。霞が関へ足を向け、彼らの等身大の主張に耳を傾けてみることにした。

●おだやかな おだやかな抗議

文部科学省前で抗議を続ける若者たち  朝鮮学校高等部無償化指定除外問題を追う

アポなしだったので、どこにいるのかな…と思ったら、一発で分かった。本当に文部科学省前で抗議をしていた。

「こんにちは」

「あ、こんにちは」

アポなしの取材で気がひけたが、声をかけると、彼らは気さくに応じてくれた。ちょうど午後三時を回ったころで、文部科学省前で座り込みをする在日朝鮮の人の中には、日本人の支援者もいた。抗議といってもシュプレヒコールを繰り返したりするような緊迫した空気はまったくない。和気あいあいと様々な人と意見を交わしながら、自分たちの意見を静かに主張しているように見受けられた。

自分の身分を明かして取材を申し込むと、協力してくれる旨の回答がすぐに返ってきた。聞けば、一人は朝鮮大学校の学生さんで、他のデモ参加者は、京都や他の地方からやってきた社会人とのこと。抗議の方法も様々で、ビラを配りたい人は配ってもいいし、参加時間も自由、途中で帰りたい人は自由に帰るというスタイルで抗議を続けているということだった。

「みんな、ばらばらなんですけど、僕は可能な限り朝から来て、19時に文部科学省の門が閉まるまでここで座ってます」 運動のリーダー的存在(?)の彼がそう教えてくれた。

 

文部科学省前で抗議を続ける若者たち  朝鮮学校高等部無償化指定除外問題を追う

文部科学省前で抗議を続ける若者たち  朝鮮学校高等部無償化指定除外問題を追う

インタビューに答えてくれた彼 京都から仕事の合間を縫ってやってきたそうだ

1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。