体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【ひとつだけ、教えてください】レゴを作るのが仕事「LEGOマスター・ビルダー」の大澤さんに話をきいてきた(深水英一郎)

レゴブロック

どうやったら、「LEGOマスター・ビルダー」になれるんですか?

大澤さん

お台場にある「レゴランド・ディスカバリー・センター東京」で初のナイトイベント「大人のレゴ教室」を開催するという話をきいた。講師はレゴ職人=「LEGOマスター・ビルダー」の称号を持つ大澤よしひろさん。

まさにレゴ作りが仕事なのであるが、一体どんな人がこの仕事をやっているのだろう。

勝手なイメージで、理系っぽい人なんだろうなと思ってたのですが、お会いして話をきいてみると、アーティストでした。

学生のときは美術・造形関連の大学へ通い、なんと学生の間もレゴで作品をつくっていたとのこと。つまり、レゴで大学の単位をとっていた、ということになります。

おそるおそる「自宅には、どれくらいの量のレゴブロックがあるんですか」ときいてみたところ、大きな衣装ケースに10杯以上、とのことだった。数は数えたことがないそうです。

レゴでつくった建物

マスター・ビルダーは、世界に点在するレゴランド・ディスカバリー・センターごとに一人、いるそうだ。
日本のセンターはお台場のここ1箇所だけしかない。つまり、日本にマスター・ビルダーは1名しかいない。
一度マスター・ビルダーに選ばれると、改選というものはない、とのこと。

レゴ職人の職場

マスター・ビルダーになる手順

マスター・ビルダーになるには、コンテストを勝ち抜かなければなりません。
東京の場合、予選に30名集まり、「15分で動物をつくる」という課題と「45分で建物をつくる」という課題が出され、予選を勝ち抜いた3名が決勝に挑んだそうです。
このコンテストで使うブロックはもちろん自分で選んだものではなく、準備されたものを使います。つまり自分好みの色や形状のブロックがあるとは限らない。これって、すごく難しいような……。

そもそも予選に集まった30名もレゴの強者達。勝ち抜くのはたいへんに難しいことです。
大澤さんは3〜4歳の頃からレゴに触れ、学生時代もずっと作品を作り続けていたそうですが、ここまでやり続けることができる人でないとマスター・ビルダーにはなれないのかもしれません。

レゴをつくることが職業になるなんてほんとに驚き。楽しそうで「いいなー」と思ってしまいますが、そこへ到達する道はかなり険しいものだということがわかりました。

ブロックをとりにきた参加者

レゴ初心者が上手くなる方法

ちなみに、大澤さんに、僕みたいなレゴ初心者が上手くなる方法についてきいてみた。

一番オススメなのは、自分のつくりたいものに近い既存の製品を買って、組立図を見ながら実際に作ってみること。
ブロックをどう組み合わせて作品が作られているか理解する早道がコレなんだそうだ。

レゴの基本用語

レゴのパーツの名称

レゴブロックの出っ張ってる部分と、裏側の丸い円筒部分を何と呼ぶかご存知だろうか。
表の出っ張っている凸部分は「スタッド」。裏の円筒部分はチューブというらしい。
尚、日本では凸部分を「ポッチ」と呼ぶ場合があるらしい。
僕自身、そういう名前がついてることすら知らずに、これまで遊んでました。

1 2次のページ
深水英一郎(ふかみん)の記事一覧をみる
深水英一郎(ふかみん)

記者:

見たいものを見に行こう――で有名な、やわらかニュースサイト『ガジェット通信』発行人。トンチの効いた新製品が大好き。ITベンチャー「デジタルデザイン」創業参画後、メールマガジン発行システム「まぐまぐ」を個人で開発。利用者と共につくるネットメディアとかわいいキャラに興味がある。

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。