ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Android向けホームアプリ「Action Launcher」がv1.5にアップデート、アイコンのスワイプ操作でアプリのウィジェットを起動できる革新的な機能が追加

DATE:
  • ガジェット通信を≫

スライドナビ形式のアプリドロワーを備え、様々なジェスチャー操作で使用できるAndroid向けホームアプリ「Action Launcher」がv1.5.0にアップデートされました。今回のアップデートで、「Shutters(別名:Cover Widget)」と呼ばれる革新的な機能が試験的にですが追加されました。これは、ウィジェットを備えた一部のアプリにおいて、ホーム画面のアプリアイコンをスワイプアップ/ダウンすると、そのアプリに含まれるウィジェットを起動できるというものです。Action Launcher設定メニューの「Labs」で有効/無効できます。例えば、カレンダーアプリのアイコンをスワイプアップすると予定リストのウィジェットが表示されたり、Google検索アプリのアイコンをスワイプアップするとGoogle検索バーが表示されます。Shuttersが利用できるアプリでは、ウィジェットをホーム画面に置かなくても利用できるので、ウィジェットの内容によってはより便利になると思います。現在Shutters機能が利用できるのは一部のGoogleアプリに限られています。このほか、タブレット端末やランドスケープモードにも対応、安定性向上を目的とした改善も施されていると言われています。「Action Launcher」(Google Playストア)



(juggly.cn)記事関連リンク
NTTドコモ、佐賀銀行と肥後銀行の店舗に公衆無線LANサービス「docomo Wi-Fi」を導入
Sony MobileがMediaTekのプロセッサを採用したエントリーレベルの5インチスマートフォンを2013年Q3に発売するとの報道
Samsung、台湾でGalaxy S 4 GT-I9500を発表、4月下旬に発売

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。