ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

HTC Butterflyのクローンが登場、5インチHDディスプレイ・MT6589クアッドコアプロセッサを搭載

DATE:
  • ガジェット通信を≫

HTCの人気機種「HTC Butterfly」のデザインを模倣したAndroidスマートフォンが中国で発売される模様です。これは「MIZ Z2」と呼ばれる中国メーカー製のスマートフォンで、クローンながらも、5インチHDディスプレイ、クアッドコアプロセッサ(MT6589)、1GB RAM、1,300万画素カメラを搭載した、スペック的には1年前のハイエンド機種並み(バーツの品質等に差はあるでしょう)。この端末、Android-Saleでは$229で販売されるようです。Nexus 4が$299で販売されていたりするので、最近の山寨機種の価格的なメリットは無くなりつつありますね。OSはAndroid 4.2(Jelly Bean)で、壁紙等の外観はHTC Butterflyの物がそのまま利用されている模様です。対応周波数はGSM 850/900/1800/1900、WCDMA 850/2100 MHz。もちろんデュアルSIM対応です。前面には200万画素のカメラを搭載。ワイヤレス通信機能は、Wi-Fi b/g、Bluetooth v2.1+EDRに対応します。バッテリー容量は2,500mAhで、スタンバイ時間は300~400時間。本体サイズは138mm×70mm×9.2mm、質量は160g。Source : Android-Sale



(juggly.cn)記事関連リンク
米Sony、Xperia ZLの先行予約販売を開始
Android版「Evernote」がv5.0にアップデート、ページカメラ、マルチショットカメラ、Evernoteスマートブック、文書内検索などに対応
HuaweiがCortex-A15ベースのクアッドコアプロセッサ「K3V3」を搭載したAndroidスマートフォンを今夏に発売するという噂

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP