体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ホーロー看板とバナー広告に共通点! 佐溝力氏インタビュー

ホーロー看板とバナー広告に共通点! 佐溝力氏インタビュー

琺瑯看板(ホーロー看板)の収集日本一と呼ばれ、マスコミや全国のレトロイベントから声がかかる佐溝力(さみぞちから)氏に、ホーロー看板と広告メディアの移り変わりについて話を聞くことができました。

佐溝力さん(サミゾチカラ)とは

ホーロー看板の収取を個人的に青年時代から行い、現在では『サミゾチカラコレクション』として自宅を改装した展示館に公開する活動をしています。ただ、コレクションするだけでなく、当時の背景などの情報も調査しています。

このため、看板に書かれている商品の紹介から当時の背景までを面白く紹介することができます。退屈な古物に関する展示も、彼の力にかかれば面白くなります。

ホーロー看板とバナー広告に共通点! 佐溝力氏インタビュー

自宅の壁にはホーロー看板のコレクションを展示。

ホーロー看板とバナー広告に共通点! 佐溝力氏インタビュー

佐溝さんを知っている人には大量の『太田胃散』はおなじみです。

ホーロー看板という広告は、ネットのバナー広告やSNSに近い

今主流のSNSを活用したバイラルネットワークによる広告や、バナー広告の貼り付けは、ホーロー看板のモデルと非常に似ています。

テレビ、ラジオ、雑誌、新聞(4マスと呼ばれる)の広告方法は、全く同じ広告を大勢に向って配信する方法です。一方、ネットのバナー広告は少ない閲覧数のブログやウェブサイトにも貼り付けます。もちろん、マスメディア並みに集客力のあるページにバナーが張り付けられることもありますが、ほとんどは小規模のページです。

ホーロー看板も同じく、生活圏内の住宅の壁に貼り付けられています。 その付近に生活している人に地味に商品購入を訴えかける効果があります。

ホーロー看板もバナー広告も、その場所では露出度が少ないですが、大量に貼り付けることにより全体の広告効果を狙っています。

面白いホーロー看板

ホーロー看板という広告メディアが主流であった昭和初期は単語単位でしか文字を読めない人も多く、強烈なキーワードを使ったものが多いです。 現代だとストレートすぎて誇大広告になりそうな内容のものも多いです。

ホーロー看板とバナー広告に共通点! 佐溝力氏インタビュー

「レコード石鹸」「レコード蝋燭」
商品名に「レコード」(record,記録)とつく物は長持ちするもの

ホーロー看板とバナー広告に共通点! 佐溝力氏インタビュー

「魔法焜炉」
魔法とは大幅なパフォーマンスアップのキーワード。魔法瓶は驚異的な保温力、魔法焜炉(コンロ)は高い火力をしめす。

ホーロー看板とバナー広告に共通点! 佐溝力氏インタビュー

「十年の光り頭も断じて生へる 高貴毛生液 ノーボールド」
今では考えられない大げさなキーワード。今では誇大広告だと言われそうなキーワードです。

SNSの機能としてのホーロー看板

ホーロー看板は実際の家の壁に貼り付けるため、その内容は家の持ち主の品位にもかかわってきます。納得できない商品の看板は張ることもありません。また、途中で評判が悪くなった場合は速攻で外してしまうため、看板が維持されていることは良い品という証明にもなります。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。