体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『GoogleReader』から快適に『livedoorReader』へ移行する方法

Googleフィードサービス『GoogleReader(グーグルリーダー)』が米国時間の7月1日にサービス終了すると発表された。原因はユーザーの減少が挙げられる。オンラインフィードサービスは古くは『blogline』や『livedoorReader』などが存在するが、中でも『GoogleReader』はGoogleブランドということもあり、多くの人気を得ていたようだ。

しかしあと4か月足らずでサービスが終了してしまう。サービスが終了するギリギリになって慌てるより今から移行して他社サービスに慣れておいた方が楽である。

私が普段から利用している『livedoorReader』は、オンラインフィードサービスの中でも最も快適に使うことが出来るサービスのひとつである。元は『Fastladder』(livedoorReaderの英語版)を利用していたのだが、こちらもサービス終了してしまったため、現在は『livedoorReader』を愛用しているというわけだ。
様々なキーボードショートカット、高速な挙動など、きっと『GoogleReader』以上に快適に使えるはずだ。今回は『GoogleReader』を『livedoorReader』へ移行する方法を紹介したい。

※全ての画像をご覧になれない方はこちらからご覧下さい。

移行方法

(1) GoogleReader側の準備

まず移行方法の最初の手順としては『GoogleReader』側のフィードをエクスポート(書き出し)しなくてはいけない。どのようなフィードサービスでもエクスポート、インポート機能は備わっている。『GoogleReader』も例外ではない。
『GoogleReader』画面右上の歯車から「リーダーの設定」を選択し、設定画面にいこう。
タブがいくつが出てくると思うが、その中から「インポート/エクスポート」を選択しよう。その中の一番したに「情報をエクスポート Download your data through Takeout」という項目があるはず。そこをクリックすると別の画面にジャンプする。

下の赤いボタンの「アーカイブを作成」をクリックするとエクスポートされたフィードがアーカイブとなって作成される。アーカイブの作成には早くて数秒、長くても1分くらいなので、作成されるまで待とう。作成が完了すると「ダウンロード」というボタンが青くなりダウンロード可能になる。
ちなみに作成したアーカイブは履歴となって残っているので、この画面を閉じてしまってもまたここに訪れれば何回でもダウンロード可能。

先ほどダウンロードしたファイルは「○○.zip」というアーカイブ書庫になっているはず。環境によっては拡張子が表示されていないかもしれない。これを解凍し中に中に入って居る「subscriptions.xml」ファイルを使うことになる。

(2)livedoorReaderへ……

xmlの準備が出来たら今度は『livedoorReader』へ移行である。しかしこの記事を読んでいる方はまだ『livedoorReader』の登録はおろか、livedoorのアカウントすら所有していないかもしれない。そんな人は下記URLで登録作業を済ませて欲しい。

1 2次のページ
ソルの記事一覧をみる

記者:

  ネタのタレコミや情報提供は下記ウェブサイトからお願いします

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。