ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

MWC 2013:HP初のAndroidタブレット「HP Slate 7」の実機デモ映像

DATE:
  • ガジェット通信を≫

米ヒューレット・パッカード(HP)がMWC  2013期間中に発表した同社初のAndroidタブレットとなる「HP Slate 7」の実機デモ映像です。PC・サーバ業界では有名なHPがAndroidを採用した製品を出すのは今回が初めて。MWC 2013以前よりAndroid端末を出すとの噂は伝えられていましたが、Tegra 4t搭載タブレットの噂が先伝えられており、第1弾はハイスペックな製品が出てくると予想していましたが、実際に発表されたのは、Nexus 7よりも価格を抑えながらも、使用には十分なスペックを持ち、Beats AudioやHP ePrintをサポートするなど、一部でHPらしさを見せるのものとなっています。Slate 7は、Android 4.1(Jelly Bean)を搭載した7インチタブレット。動画のSlate 7のバックカバーはレッド系のカラーが採用されていますが、ほかにも、グレーやイエローなど複数のバリエーションが用意されています。ディスプレイは7インチ1,024×600ピクセルの液晶。HPはSlate 7の液晶パネルのことを”high-aperture-ratio Fringe Field Switching (HFFS)”液晶と呼んでいます。プロセッサはCortex-A9ベースの1.6GHzデュアルコア。Rockchi RK3066らしいという噂です。RAM容量は1GB。内蔵ストレージの容量は8GB。Micro SDカードも利用できます。カメラは300万画素CMOSと前面に30万画素CMOSを搭載。バッテリー容量は3.500mAhで、駆動時間は”最小5時間”と言われています。本体の質量は368gとなっています。Slate 7は米国において2013年4月に発売される見込みです。価格は$169.日本での発売予定はまだ明らかになっていません。Source : ARMDveices



(juggly.cn)記事関連リンク
mixi、公式Androidアプリの次回アップデートでアプリデザインをリニューアル
国内で本日発売されるAndroid新商品をまとめて紹介
HTC、HTC Oneの新しいカメラ機能「HTC Zoe」で作成されたショートムービーを閲覧できるWEBサイト「HTC Zoe Share」を公開

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP