体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

列車乗り放題のユーレイルパスでヨーロッパを旅しよう! 日本での入手方法

p11100492

こんにちは、ガジェット通信トラベル班です。ヨーロッパ中を縦横無尽に旅行したい! でも、飛行機で移動すると費用がかかりすぎるしサイフに厳しい。そんな人にオススメなのが、ユーレイルパスです。このパスさえ持っていれば、ヨーロッパのほとんどの国の鉄道が乗り放題になります。ガジェット通信では以前にもユーレイルパスの種類や入手方法を簡単にお伝えしましたが、今回は実際に購入して手元に届くまでを解説したいと思います。

ユーレイルパスは日本国内で入手でき、事前にチケットを入手しておくことができます。これからヨーロッパに旅行に行く人で、頻繁に移動を考えている人や1~2週間ほどの旅行期間を予定している人は、ユーレイルパスの購入を考えてもいいと思います。ユーレイルパスには大きく分けて4つのパスがあります。

・ユーレイルグローバルパス
ヨーロッパ21か国の鉄道が(ほぼ)乗り放題のパス。オーストリア、ユーレイルチェコ共和国パス、ベルギー、クロアチア、デンマーク、フィンランド、フランス、ドイツ、ギリシャ、オランダ、ハンガリー、イタリア、ルクセンブルク、ノルウェー、ポルトガル、アイルランド共和国、ルーマニア、スロベニア、スペイン、スウェーデン、スイスで使用できる。

・1国ユーレイルパス
ドイツやイタリアなど、1国の列車だけに乗り放題のパス。ユーレイル イタリアパス、ユーレイル ポーランドパス、ユーレイル スペインパスなど、あらゆるヨーロッパの国に1国のみ利用可能なユーレイルパスがあるので、きっと目的の国のパスがあるはずです。ほかにも、2か国ユーレイルパスもあります。

・地域別ユーレイルパス
ヨーロッパをいくつかの地域に分け、その地域にある数か国だけ列車に乗り放題となるパスです。ユーレイル ベネルクスパス、ヨーロピアンイーストパス、バルカン フレキシーパスなどがあります。たとえば、ユーレイル スカンジナビアパスはデンマーク、フィンランド、ノルウェー、スウェーデンの列車が乗り放題となります。

・ユーレイルセレクトパス
国境が隣接している3~5か国を自分で選ぶことにより、その国の列車のみ乗り放題となります。スイス、イタリア、ドイツなど、隣接した国を列車で旅をする場合に便利です。

p1110017

日本でいちばん簡単にユーレイルパスを購入したいときは、Rail Europe 4A社が日本語で運営しているユーレイルパス購入サイト『レイルヨーロッパ』で注文するのがいちばんスムーズです。日本事務所が赤坂にあり、発券業務をしています。『レイルヨーロッパ』の日本語サイトで注文されたユーレイルパスを日本事務所で発券し、クロネコヤマトの宅急便で2~3日程度で手元まで送ってくれます。非常にスムーズな発券が期待でき、2営業日以内に配送するとサイトに明記されています。

p1110022

ガジェット通信編集部が試しにユーレイルグローバルパス(15日間有効 / 大人74,700円)を金曜日の午後に1枚注文してみたところ、火曜日の朝に手元へと届きました。ユーレイルグローバルパスと一緒にヨーロッパ全土のマップとユーレイルパスの利用の手引書が同封されていました。ユーレイルパスの使い方はもちろんのこと、空港から都市部への移動方法や、各都市の駅の情報が日本語で細かく書かれていたのでけっこう使えそうです。さらに、営業時間や電話番号などが書かれているので非常に便利といえるでしょう。ほかにも、「よくある質問」や「チケットの払い戻し方法」など、現地で困らないための情報もプリントして同封されていました。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。