ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

次世代ポップ・マエストロ、澤部渡によるスカート新作が〈タワレコメン〉に!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 

 

川本真琴や昆虫キッズらの作品に参加するマルチ・プレイヤーであり、〈次世代のポップ・マエストロ〉とも謳われる澤部渡(ヴォーカル/ギター)によるユニットで、幅広い知識に裏付けられたソング・ライティングがコアな音楽ファンから高い評価を集めているスカート。現在、昆虫キッズの佐久間裕太(ドラムス)、マンタ・レイ・バレエの清水瑶志郎(ベース)、カメラ=万年筆の佐藤優介(キーボード)をサポート・メンバーに迎えて活動している同ユニットが、ニュー・アルバム『ひみつ』を3月3日にリリースする。

ロングセラーとなった前作『ストーリー』から約1年ぶりに届けられる本作は、タワーレコードでも渋谷店と新宿店スタッフの熱いプッシュにより、オススメ・アイテム〈タワレコメン〉として全店で展開する1枚。すでに人気の高い“おばけのピアノ”や、疾走感溢れるライヴでの定番曲“セブンスター”、コードワークとメロディーが耳に残る“ともす灯 やどす灯”など、バンド・サウンドによる穏やかで味わい深いポップ・ミュージックが詰め込まれた作品となっている。ジャケットには、70年代から活躍する漫画家の森雅之によるイラストを使用。インディー・ポップ好きならずとも注目のアイテムなので、ぜひチェックをどうぞ!

なおスカートは、『ひみつ』の発売記念ライヴを3月23日(土)に東京・渋谷O-nestで開催。イヴェントには、オープニング・アクトとしてトーベヤンソン・ニューヨークが出演する。こちらの詳細はスカートのオフィシャルサイトにてご確認を。

 

〈スカート 『ひみつ』収録曲〉
1. おばけのピアノ
2. セブンスター
3. 夜のめじるし
4. S.F.
5. 誤字と脱字のバラッド
6. 百万年のピクニック
7. 月光密造の夜
8. ざくろの街
9. 花百景
10. 返信
11. ともす灯 やどす灯
12. ひみつ 

 

タワーレコード スタッフ推薦コメント

中村一義ら〈天才〉の系譜か? テン年代に突如現れたネオ渋谷系? はたまた最新型のシティ・ポップ? いやいや、こいつは全く新たな才能だ! 川本真琴や昆虫キッズらのサポートまでこなす稀代のマルチ・プレイヤーにして、次世代のポップマエストロ・澤部渡率いるスカート! ジャズやソウル等の良質な音楽的アーカイブへの造詣を隠し味に加えたキャッチー&ポップな楽曲。時折フリーキー&アナーキーに暴れ、疾走するメロディライン。パラパラと紡がれていく短編漫画のような孤独で夢現な物語。胸をキュンとさせる甘酸っぱさをフラッシュバックさせながらも、日々のほろ苦い悲哀さえも内包してしまう離れ業っぷりには脱帽! これこそ次世代のエヴァー・グリーン・ポップ・スタンダード!! (渋谷店 須藤)

昆虫キッズを始め、yes, mama ok?や川本真琴のサポート演奏を務める澤部渡を中心に活動する〈スカート〉。セカンド・アルバムのほとんどが美メロという点に耳の肥えた音楽ファン、コアなインデーズファンなどの評価は高まり、満を辞して1年ぶりにリリースとなるサード・アルバム。“おばけのピアノ”“セブンスター”は既にライブでも定評の有る名曲で、ポップソングにおける揺るぎない〈良いメロディーライン〉への追求心が表れた永久名盤な1枚です。 (新宿店 水谷)

カテゴリー : エンタメ タグ :
タワーレコードの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP