体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

逆さ吊りに虎乱舞!? 撃鉄ら競演のタワー発ラウド系イヴェントをレポート

 

 

タワーレコードの企画による、メタル/パンク/ラウド・ロック系の新たな音楽イヴェント〈LIVE! TOWER RECORDS <塔>代無双〉。ここでは、2月20日に東京・新代田FEVERで行った記念すべき第1回目の模様をレポートします!

 

バックドロップシンデレラ

 

〈真面目にふざけている感〉〈心地のいい気持ち悪さ〉をコンセプトに、いまのタワーがオススメする、ライヴに定評のある当代無双(=並ぶものがないほど優れている)なバンドが集うこのイヴェント。トップを務めたのは、〈ウンザウンザ〉という独特のリズムを採り入れた楽曲や、破天荒なパフォーマンスで話題を集めているメルヘンチック・オルタナティヴ・ロック・バンド、バックドロップシンデレラ。1曲目の“ペットショップボーイ”から大合唱が鳴り響き、ファンの熱気は早くもレッドゾーンに突入します。続けて演奏した“少年はウンザウンザを踊る”では、彼らならではのハイ・テンションなビートにモッシュが巻き起こり、フロントマンのでんでけあゆみがお客さんの頭上を泳いで回るカオスな状態に!

 

バックドロップシンデレラ

 

中盤でも“将軍はウンザウンザを踊る”のスカ・パンク的なノリを加速させたような〈ウンザウンザ〉のリズムに、お祭り騒ぎのような盛り上がりはますますヒート。「新曲やります!」の合図と共に繰り出された“魔界にはがっかりだ”では、さらに楽曲のスピード感がアップします。口に含んだ水をオーディエンスに吹きかけるなど、でんでけの暴れっぷりも痛快! 「この3バンドが出演するようなイヴェントをタワーが組む…インディーズ・シーンに何かが起こり始めている!」という熱いMCを挟んで、“歌わなきゃジャクソン”ではでんでけが天井から逆さ吊りになって歌い続ける目を疑うようなシーンも。ラストにも〈ウンザウンザ〉が炸裂する“池袋でウンザウンザを踊る”を投下し、フロアの熱狂を煽り続けていました!

 

打首獄門同好会

 

タワーのタオルを掲げながら次に登場したのは、脱力系ラウドコア・バンドの打首獄門同好会。戦車が猛スピードで突進するような重く豪快な演奏に、キャッチーな男女混成ヴォーカルが映える“その大いなる予算の向こうへ”で、ライヴの幕が切って落とされます。「自分で言うのもなんだけど、このイヴェントに来た人はセンスいいと思うよ!」というお褒めの言葉の後には、デス声と高音シャウトを使いこなす大澤敦史(ギター/ヴォーカル)の巧みなパフォーマンスやヘヴィーなギター・サウンドと、歌詞のギャップがユーモラスな“カモン諭吉”“まごパワー”をプレイ。

 

打首獄門同好会

 

メンバーがお遍路さん風の衣装に生着替えして臨んだ、TV番組「水曜どうでしょう」の〈四国八十八カ所〉編をテーマとする“88”に続いて、怒涛の食べ物シリーズ(?)3連チャンへ。お客さんにうまい棒を配ってから披露した“デリシャスティック”、某コンビニのフライドフードについての楽曲“ファミチキ”、そして、この日の会場であるFEVERのすぐ近くに〈環七新代田店〉がある人気ラーメン店を歌った“私を二郎に連れてって”の連続コンボは、まさに彼らの真骨頂といったところ。最後に“今日も貴方と南武線”を演奏し、独特の世界観が際立ったライヴを見せてくれました。なお、彼らは6月8日(土)に東京・渋谷O-WESTでワンマン・ライヴを開催するので、こちらもぜひチェックを!

1 2次のページ
タワーレコードの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。