ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

女性にお勧めのスティック型で大容量のモバイルバッテリー! 小さなバッグにもすっぽり入り1980円

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


昨今スマートフォンや携帯ゲーム機、更にはタブレットなどの普及で充電しなくてはいけないものが多く、常に充電を気にする人が多いのではないだろうか。特に丸一日外出の人なんかは充電するタイミングがなく、スマートフォンの電池残量が心配と言う人も……。

ガジェット通信では数々の大容量のモバイルバッテリーを紹介してきた。最大の物で22000mAhというiPhoneを15回程充電出来る(理論値)パワフルなバッテリーも存在する。しかし女性の小さなバッグだと入れる場所がなかったり、重たかったりとなかなか不便。大容量バッテリーも、それほどでかいというわけでもないのだが、どうせ持ち歩くなら極力小さい方が良いだろう。そんな人のために小さくなおかつ大容量のモバイルバッテリーを紹介。

今回紹介するのは『enestick』というモバイルバッテリーで、6000mAhの容量を持つもの。見た目はパナソニックの『QE-QV201-R』やELECOMの『DE-M01L-1910』に似ている。しかし値段や容量を比較すると断然この『enestick』が圧倒している。

では、どう違うのか比較してみよう。

<enestick>
容量:6000mAh
値段:定価 9980円(アマゾン 1980円)
出力:800mAh 1ポート(iPad、iPhone5対応)
その他:9つの変換コネクタ付属

<DE-M01L-1910(ELECOM)>
容量:5600mAh
値段:定価 4980円
出力:2.1A 1ポート
その他:日本製なので安心?

上記のスペックを見て好みの方を購入したら良いだろう。『enestick』は安いが中国製なので不安だと言う人は日本メーカーの『DE-M01L-1910』や『QE-QV201-R』を、少しでも安くて大容量の物が欲しいという人は『enestick』を購入してみてはどうだろうか。こういうスティック型モバイルバッテリーも大容量化してきているのだ。

ちなみにELECOMの『DE-M01L-1910』の上位モデルである『DE-M01L-2810』は容量が更に向上しており、7800mAhとなっている。こちらは定価1万1539円で、アマゾンでの販売価格は4861円となっている。

【超大容量】早速20000mAhを越える22000mAhのモバイルバッテリーが登場 しかも安い!!!!

※この記事は、ゴールドラッシュの「ソル」が執筆しました。[リンク]

ソルの記事一覧をみる ▶

記者:

  ネタのタレコミや情報提供は下記ウェブサイトからお願いします

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP