ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

[Champagne]、ニュー・シングル“Forever Young”を4月にリリース

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 

 

[Champagne]のニュー・シングル“Forever Young”が、4月3日にリリースされることがあきらかとなった。

今年1月にミューズのさいたまスーパーアリーナ公演でサポート・アクトを務め、2月にはテレビ朝日系の音楽番組「ミュージックステーション」に初出演するなど、注目バンドとしてさまざまな話題を振りまいている彼ら。『starrrrrrr/涙がこぼれそう』に続く今年2枚目のシングルとなる本作には、爽やかかつパンク・スピリットに溢れた表題曲“Forever Young”と、ドラマーの庄村聡泰が初めて作曲した“Onion Killing Party”の2曲が収録される。ヴォーカル/ギターの川上洋平は、それぞれの楽曲について下記のコメントを寄せている。

なお、シングルの初回プレス分には、この夏より行われる全国ツアーのチケット最速先行抽選受け付けのシリアルナンバーが封入。確実に入手したい人は早めに予約しておこう!

 

“Forever Young”についてのコメント(川上洋平)

今年、我々は六年間続いた共同生活を解消します。それを記念(?)した曲です。
最強に泥臭くて、思いっっきり爽やかで、めちゃくちゃにパンクな曲が出来ました。
呆れる程青臭いけど、結局シャンペインはこういうスタンスなのだ、という事が書き殴られています。
NIRVANAのカートコバーンは死を選びました。
そして同年そのアンサーソングかのようにoasisが「俺達は永遠に生きるんだ」と馬鹿みたいに歌い上げました。
シャンペインは後者の先輩を選んだわけです。永遠に若く、青臭く生きようと思います。それでは聴いて下さい。

 

“Onion Killing Party”についてのコメント(川上洋平)

サトヤスとの共作です。ドラマーが作曲というのはバンド業界ではあまり無い事で。
ましてやサトヤスはギターもベースもピアノも弾けないわけで。大丈夫かな?とメンバー&スタッフが恐怖に怯える中、とんでもない曲を生み出しました。
ハッキリ言ってめちゃくちゃカッコ良いです。
歌詞は私が書かせて頂いたんですが、玉ねぎが苦手なサトヤスにちなんだ内容になっております。

 

〈[Champagne] “Forever Young”収録曲〉
1. Forever Young
2. Onion Killing Party

カテゴリー : エンタメ タグ :
タワーレコードの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP