ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

カカオトークに端末を振るだけで近くのユーザーをカカともに登録できる「シェイク」機能が追加

DATE:
  • ガジェット通信を≫

カカオジャパンは2月20日、同社の無料通話・チャットアプリ「カカオトーク」に端末を振るだけで付近のカカオトークユーザーをカカともに登録できる「シェイク」機能の提供を発表しました。「シェイク」機能は、同じ場所にいるカカオトークユーザ同士で同時に端末を振るだけでID検索が行われ、結果をリスト表示してくれる機能。IDや電話番号を入力する必要がないので、簡単にカカとも登録できるほか、最大20人を検索リストに表示できるので、飲み会などの集会でカカオトークユーザをカカとも登録するのに役立ちます。シェイク機能の利用方法は、「カカとも検索」タブでメニューボタンを押し「シェイク」を選択します。そして、付近の友人と同時に端末を振ります。j検索結果がカカともリストに表示されるので、あとは通常通りカカとも申請を行うだけ。位置情報を利用した機能なので、利用する場合はGPS等の位置情報機能をONにする必要があります。「カカオトーク」(Google Playストア)Source : カカオトーク公式ブログ



(juggly.cn)記事関連リンク
MSI、厚さ8.9mm・質量299gの薄型軽量7インチタブレット「WindPad Enjoy 71」を国内でも発売、価格は15,800円
HTC OneのQuadrantベンチマーク結果、トータルスコアは驚異的な12000点を記録
HTC Oneの操作ボタンは「戻る」「ホーム」の2つ

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP