体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『ニコニコ動画』で仏教を説く人/蝉丸Pさん(後編)

r0013978

『虚空山 彼岸寺』の連載インタビュー『坊主めくり 現代名僧図鑑』寄稿による、『ニコニコ動画』の“リア住”こと蝉丸P師インタビュー後編です。蝉丸P師の人気の秘密は、仏壇を携帯電話になぞらえて「宗派=キャリア」「ご本尊=SIMカード」などと説明する絶妙なセンス。今回は、この話術の秘密について、そして日本仏教の未来について真面目に語っておられます。

『ニコニコ動画』の言葉で説く”仏教講座”

世界によって言葉と枠は違うけれども、枠の中で人間がやっていることはどれもみな一緒ですよ。宗教が考え方の違いで宗派に分かれるのも、ヲタ(オタク)の人が派閥に分かれるのも一緒だと思います。説明する言葉と文法、専門用語が違うだけだという意識で見ていると、それなりの説明ができちゃうわけです。

自分は、ヲタ系の文化もマンガもゲームも広く浅くやっているので、それぞれの枠組みや文法を使って、仏教を説明してみたのが『ニコニコ仏教講座』なんですね。『ニコニコ動画』にはヲタ系の人が多いですから、そこに合わせた文法で説くという非常にニッチな方法でやっています。

『ニコニコ動画』では、ユーザーが”タグ”という文字列を動画に関連付けていきます。自分の動画には”リアル住職”を略して『リア住』とか、草食系男子をもじって『僧職系男子』とか、うまいこと言うなぁというタグがつけられまして。こちらが考えるよりひねったタグを考えてくれるのでずいぶん教えられるし、コメントには思わず吹いてしまうこともあります(笑)。

『ニコニコ仏教講座』で話している内容は、宗派のお坊さんが聞いたら眉をひそめるような内容です。『ニコニコ動画』のユーザーという特定の層に絞り込んだ言葉――つまり不特定多数にはわからない言葉で、ぜんぜん違う概念を持ってきて説明をするというのは、宗派のお坊さんとしてはダメなやり方なんです。

でも、『ニコニコ動画』では『ニコニコ動画』の文法で話さないと伝わりませんし、笑いというのは対象が狭ければ狭いほど面白いものです。相手が何を聞きたいのかを推し量って話さないと、人は聞いてくれませんから。

仏教に興味を持つ人の「案内板」になりたい

テキストサイトや『ニコニコ動画』を通じて誰かに影響を与えたいとか、布教しようという目的が明確にあるわけではありません。「人を見て法を説け」ですから、その人に機会が訪れているかどうかを見極めずに説いてもダメなんです。

でも、仏教に興味があってやる気がある人に対して、あまたある書籍や道筋のなかで「これとこれがありますよ」という道筋を示すことができれば、という思いはあります。ただ、駅までの道を教えることはできても、その人を駅まで担いでいくことはできませんよね。

ウェブでは、インフォメーションセンターとまでは言いませんが、ある種の案内板的なところを目指しています。情報が膨大すぎて、どこから手をつけていいのかわからない人を、ガイドできればいいなと思いますね。もちろんしっかりと眉に唾(つば)してもらうのが前提ですが(笑)。

ときどき、「お坊さんになりたい」と相談を受けることがあります。でも、正直言って先細りの業界ですし「一般在家からやろうと思っても厳しい世界ですよ」と、まずは断ることにしています。それでも進路を決めたという人には、少しはアドバイスしますよというスタンスで対応しています。今までに、8人くらいが話をしにきて、入山したり役僧をしている人が6人ほどいますね。

日本の現状に即した仏教の未来とは

出家する前は、寺というのはお坊さんになりたい人だけが集まる、きれいな世界ではないかという理想と憧れを持っていましたけれども、実際に見ていくとそうではありませんよね。また、日本仏教の現状ではお墓参りをして、仏像を拝み、護摩も焚(た)き、お願い事もしてもらいという、神道と習合したカタチの呪術(じゅじゅつ)的な部分や死者への祭祀(さいし)が、依然として大きなウェイトを占めているんですよ。

だから、上座部仏教やチベット仏教などが源流に近い発展系だからと言って、現状を完全に否定しても周りがそれを受け入れてくれないようでは、どうしようもないと思うんです。とは言え、そこに甘んじて読経だけして、法話すら出来ない僧侶が多いことについては、根底から改めるべきだと強く思っております。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会