ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Galaxy S IVのウワサ : 流線型デザインの筐体に、従来モデルからの物理ボタンを採用、Sペンは非対応

DATE:
  • ガジェット通信を≫


韓国メディアの『デジタルデイリー』がSamsungの新フラッグシップ『Galaxy S IV』の筐体仕様や発売時期に関する新情報を伝えています。

『Galaxy S IV』は、約5インチフルHDのSuper AMOLEDディスプレイ、Exynos 5 Octaプロセッサ、1300万画素カメラ、2600mAhバッテリー、Android 4.2を搭載し、ワイヤレス充電や非接触タッチジェスチャー、『Sペン』に対応するなどの情報がウワサとして伝えられています。

同サイトはSamsung関係者から得た情報として、『Galaxy S IV』では、『Galaxy S III』や『Galaxy Note II』に見られる流線形デザインを筐体に採用し、操作ボタンも従来モデルと同じ構成を採用していると伝えています。ボタン構成は中央に物理的なホームボタンがあり、左右に「メニュー」と「戻る」のタッチセンサーボタンがあるということになります。また、『Sペン』については、「対応しない」とその関係者が述べたそうです。

『Galaxy S IV』は3月中旬に発表され、4月中旬より発売されるとウワサされています。同サイトの情報元は、現在は量産前の最終調整中の段階で、3月に量産を開始し、その月の中ごろに発表、その直後には販売を開始する予定。遅くとも4月中旬までには発売されるだろうと述べたそうです。
Source : デジタルデイリー



(juggly.cn)記事関連リンク
Samsung EK-GC110はGalaxy CameraのWi-Fi版
Windows PCでAndroidアプリが利用できる「BlueStacks」のWindows 8対応版がリリース、Surface Proに最適化
HTC One”M7”のティザー動画5本

juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP