ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

2月27日「南波一海のアイドル三十六房」にAeLL.登場! R☆Mのライヴも

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 

 

タワーレコードとDOMMUNEが情報発信を行うカルチャー・プラットフォーム〈TOWER RECORDOMMUNE SHIBUYA〉のアイドル応援/紹介番組「南波一海のアイドル三十六房」に、健康、エコ、環境問題に真正面から立ち向かうアイドル・グループのAeLL.がゲスト出演します!

 


AeLL.

 

〈TOWER RECORDOMMUNE SHIBUYA〉のレギュラー・プログラムである「南波一海のアイドル三十六房」は、音楽ライターの南波一海氏が総合司会、タワーレコードの嶺脇育夫社長が準レギュラーを務め、アイドルの魅力を多彩な角度から伝えるトーク番組。これまでにスマイレージの和田彩花、モーニング娘。の飯窪春菜、でんぱ組.incの相沢梨紗、最上もが、夢眠ねむ、そして吉川友などが登場しており、トークを通じて各アイドルの個性が炸裂する内容で好評を博しています。

 


R☆M

 

2月27日21:30より配信予定の第4回では、グラビア・アイドルとしても活躍する篠崎愛と、西恵利香、石條遥梨、鷹那空実の4人から成るAeLL.が登場し、トークに加えてミニ・ライヴも実施。また、南波氏と嶺脇社長がその耳で選んだオススメのアイドル・グループとして、武田るいと百刈杏による北海道・札幌発のダンス&ヴォーカル・ユニット、R☆Mが登場してミニ・ライヴを行うので、こちらもお楽しみに!

番組はタワー渋谷店B1Fにある〈TOWER RECORDOMMUNE SHIBUYA STUDIO〉より生配信。また、入場券をイヴェント当日20:00よりタワー渋谷店1F特設カウンターにて販売します。なお、今月22日には南波氏と嶺脇社長が自身で選んだアイドル・ソングを紹介する〈アイドル三十六房〉の番外編も配信しますので、こちらもぜひチェックを!

 

〈TOWER RECORDOMMUNE SHIBUYA レギュラー番組「南波一海のアイドル三十六房」第4回〉
日時:2月27日(水)21:30~(集合時間:21:00)
会場:TOWER RECORDOMMUNE SHIBUYA STUDIO(タワーレコード渋谷店 B1F)
配信URL:http://towerrecordommune.jp/
出演:AeLL.、R☆M
司会:南波一海(音楽ライター)、嶺脇育夫(タワーレコード株式会社代表取締役社長)
入場料:1,000円(税込/1ドリンク代込)

・イヴェント当日20:00から、タワーレコード渋谷店1F特設カウンターにて入場券を販売いたします。お支払いは現金のみとなります。ポイントカード、金券、クレジットカード、電子マネー等はご利用いただけませんのでご了承ください。
・電話/店頭での予約対応はございません。
・入場券はおひとりさま2枚までのご購入となります。予定数に達し次第、終了となります。
・入場券には整理番号が記載されており、購入先着順となります。
・入場は整理番号順のご案内となります。
・入場料には1ドリンク代が含まれており、ドリンクの引換えは会場内のドリンク・カウンターとなります。本イヴェント中のお引換えのみとなりますので、ご了承ください。
・イヴェント当日は係員の指示に必ず従ってください。係員の指示に従っていただけない場合、イヴェントへのご参加をお断りすることがございます。
・イヴェントは入場完了次第のスタートとなります。
・イヴェント中は、いかなる機材においても録音/録画/撮影は禁止となっております。
・会場周辺での徹夜/場所取り等の行為は、固くお断りしております。
・不可抗力によるイヴェントの中止以外の入場券の払い戻し等はいたしません。
・入場券はいかなる場合(紛失/焼失/破損/盗難等)でも再発行はいたしません。
・ご来場のお客さまは配信動画に映る可能性がございますので、ご了承のうえご参加ください。

問い合わせ:タワーレコード渋谷店(03-3496-3661)

 

〈TOWER RECORDOMMUNE SHIBUYA レギュラー番組「南波一海のアイドル三十六房」番外編〉
日時:2月22日(金)19:00~(予定)
会場:TOWER RECORDOMMUNE SHIBUYA STUDIO(タワーレコード渋谷店 B1F)
URL:http://towerrecordommune.jp/
出演:南波一海(音楽ライター)、嶺脇育夫(タワーレコード株式会社代表取締役社長)

カテゴリー : エンタメ タグ :
タワーレコードの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP