ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

超広角!な一眼レフ用ズームレンズ『シグマ12-24mm F4.5-5.6 EX DG ASPHERICAL /HSM』

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

株式会社シグマから発売された一眼レフ用“超”広角ズームレンズ『12-24mm F4.5-5.6 EX DG ASPHERICAL /HSM』を試してみました。「広角レンズって何?」という方に簡単な(乱暴な?)説明をすると、「目で見た広さと同じか、もっと広く写せるレンズ」となります。よく「画角が広い」という言い方をしますね。広く写り、かつ遠近感が強調される独特の仕上がりになるため、好んで広角レンズを使う方も少なくありません。

さてこのレンズの場合、画角122°からという超広角にもかかわらず、ズームが可能になっているため、使い勝手の面でも非常に融通の利くレンズであると言えそうです。ちなみに一般的なデジタルカメラの映像素子(APS-Cサイズ)のカメラの場合は、焦点距離が19.2-38.4mm相当となります。

さらに、ズーム全域での最短撮影距離は28cmを実現しています。このことにより、被写体の周りの情景まで写し込む事が可能なため、至近距離での撮影も含め画作りの幅が非常に広くなります。また定評あるシグマの超音波駆動モーター(HSM:ハイパーソニックモーター)のおかげもあり、AF(オートフォーカス)時の挙動は静寂かつ高速でストレスを感じる場面は皆無でした。

35mmフルサイズカメラの場合、付属のフードをつけると周囲にフードが映りこんでしまう(ケラレる)ため、その点は注意です。この場合レンズキャップをフードごと外して使うのが良いかもしれません。

このレンズのメーカー希望小売価格は99,000円(税別)、店頭実売価格は65,000円~70,000円程度が多いようです。広角の画作りは大好きだけれども、どの画角のレンズを購入したらよいだろう?という人にはきっとオススメのレンズ『12-24mm F4.5-5.6 EX DG ASPHERICAL /HSM』でした。

サンプル写真一覧はこちらからどうぞ(ケータイからアクセスの方は、パソコンよりご覧ください)

■関連記事
富士フィルム、インテリアになじむ“木製”の7型液晶デジタルフォトフレーム発売へ
カメラ屋店頭の印象にだまされるな!立体デジカメ『FinePix REAL 3D W1』レビュー
ライカの新たな伝説、新世代デジタルカメラ『ライカX1』発売へ

wosa / おさだこうじの記事一覧をみる ▶

記者:

「予備校生のような出で立ち」で写真撮影、被写体(スチル・動画)、記者などできる限りなんでも、体張る系。 「防水グッズを持って水をかけられるのが好き」などの特殊な性質がある。 好きなもの: 食べ物の写真、昔ゲーム(の音)、手作りアニメ、昭和、穀物

TwitterID: wosa

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP