体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ニコニコ動画で有名になっても良い事がなかった話

ニコニコ動画で有名になっても良い事がなかった話

今回は、『はてな匿名ダイアリー』から転載させていただきました。

ニコニコ動画で有名になっても良い事がなかった話

ニコニコ動画やニコニコ生放送で有名な人っていっぱいいるよね。
見る側の人間から見れば、ちやほやされてて羨ましい、自分もあんな風になりたいと思っている人も多いと思います。

でも私は言いたい。

有名になっても良い事はないよ。
(正確には、私の場合は良い事はなかったよ、という意味です。)

お前だれ?

今から書くのは基本的に愚痴なので匿名希望。

MAD関連の動画で有名になりました。

どうやって有名になったか

私の場合は、何となく作ったMAD動画を投稿して、投稿後しばらくは「あ、再生数が10になった、誰かが1getってコメントした、でもマイリストは全然増えないなー」って感じでPC画面を眺めてたんだけど、仕事から帰ってきたら、総合ランキングの5位くらいに入ってて、ビックリした覚えがある。

今ではその動画は100万再生を超えていて、たまにランクインして未だに楽しんでもらっているみたい。

ランクインでかなりテンションの上がった私は、作り貯めておいた動画を数日起きに投稿。

どれも1作品目と似た内容の動画だったためか、すんなり受け入れられて、いずれも上位にランクインした。

「またお前かw」なんていうコメントが付いて嬉しかった。

今思い返せば、「ニコニコ動画で有名になるための◯つの心得」みたいなことが実践できていたのかも。

本当にそんなものがあるかどうか知らないけれどw

つまり、

1. 動画は派手で目に着きやすいけど、言いたいことはシンプル。
例えば、ゆのっち可愛いよ?って事だけ言いたい、とか。

2. 動画の作り方、アプローチが他の人と違う。
他の作者と差別化出来るものがあった。
ここに関しては特定を避けるためにこれ以上は詳しく書きません。

3. 忘れ去られてしまわないように短い間隔で定期的に動画を投稿する。
これってかなり重要で、日々大量の動画を投稿されるニコニコ動画では、
見る人はたった1個の動画で有名になった投稿者の名前なんて全く覚えてくれない。怒涛の勢いで投稿して名前を印象づける必要がある。

4. 見る人の期待に応える。
ある程度有名になってくると、見る人は「私は◯◯な感じの動画を作る」という見方をしてくる。その期待を裏切らない。1回だけ完全に媚びた動画を作ったが、これは総合ランキングの1位をとる事が出来た。

…といった感じで、後はこれらに運が加われば、誰でも有名になれると思います。
まぁ結局は運次第なところが大きいか。

有名になってから

ランクインを重ねて名前が売れたのだから、さぞチヤホヤされて良い思いをしたのだろうと予想されると思います。

確かにチヤホヤされました。

オフ会の誘いは来るし、コラボ(動画の共同制作)の話は来るし、ちょっとプロっぽい方面からのギャラありの依頼も来ました。

そういった話とは程遠い世界にいた私は、とりあえず、オフ会というやつに参加してみました。

まあ同カテゴリの動画投稿者やファンの方たちで飲み会をするっていうだけです。

個人的には結構楽しめました。

私は基本的に他人に興味ありませんというタイプなので、相手の方から興味を持って話しかけてくれたのはありがたかったです。

何回かオフ会をすると、顔見知りになる人もいて、友好関係が築かれます。

オフ会の場は気分も盛り上がっているので、コラボしようっていう口約束を軽いノリですることが何度かありました。

今思えば、コラボしようってあたりから、良い事が無くなって来たんだっけ。

コラボ作品制作が無性につまらなかった

ニコニコ動画を見ていれば、コラボ作品っていうのは良く見かけます。

よくあるのが、複数のゲーム実況者が一緒にプレイとか、初音ミクの作品では、例えば、作曲、演奏、イラストが分担されているとか。

ランクインするコラボ作品は、各投稿者の良さがちゃんと表現されていて、投稿者の目線から見ても、楽しめるものが多いです。

私が関わったコラボ動画は、それぞれのMAD動画を1つの動画内で流そうというものでした。

最初の時点で怪しい感じがしました。

まとめ役1人と、私がを入れて他3人。

私以外は、はっきり言って無名の投稿者です。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。