体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

不眠解消。恐ろしく寝つきの悪い僕が95%以上の確率で眠れるワザ

不眠解消。恐ろしく寝つきの悪い僕が95%以上の確率で眠れるワザ

今回は寄金 佳一さんのブログ『Handmade Future !』からご寄稿いただきました。

不眠解消。恐ろしく寝つきの悪い僕が95%以上の確率で眠れるワザ

こんにちは。寄金です。自慢じゃないんですが、僕はひじょーに睡眠不足に弱いです。少なくとも6時間前後は眠らないと、翌日の仕事に影響が出ます。

しかも、恐ろしく寝つきが悪いです。不眠の気のある方はよくわかると思うんですが、寝ようと思えば思うほどドツボにはまって、神経が昂ぶってしまって、眠れなくなるんですよね。

どちらか一方だけならまだいいんですが、このコンボはかなりキツいです。とくに社会人になってからは天敵といっていい存在でした。

睡眠導入剤では効き過ぎる

不眠対策はかなり色々試してきました。

今までで最も効いたのは、ハワイで買ったメラトニン。でも、目覚めが悪すぎました。体が鉛のように重かったのを覚えています(また、常に外部から摂取していると、体内で生成しなくなる弊害もあるみたいですし)。睡眠導入剤的なものは、体に合わないみたいです。

かと言って、健康食品では目に見えるような効果が出ないし、体が疲れていないからだろうと運動してみても、やっぱりダメなときはダメです。現時点での結論は、おそらく自律神経の問題なんだろうと思っています。

転機はYOGA(ヨガ)

今はやっていないんですが、数年前にスポーツクラブのYOGAクラスに通っていたことがありました。

すごくいいインストラクターに出会って、楽しくなったんですよね。体が硬いのが悩みだったんで、筋肉を付けながらも柔軟性を高められるので、これはいいじゃない! と。

当時の写真を見ると、(自分で言うのもなんですが)なかなかいい体型になってましたしね。

眠る前にやってみると……寝つきが良い!

その当時は、直接的に不眠との関係を意識していたわけではないんです。

ただ、子供が生まれるなど環境の変化があって、スポーツクラブに通えなくなりました。自宅で、できる範囲で続けようと、就寝前に自分なりにYOGAをやり出して気づきました。

なんか眠れちゃうんですよ。

しかも百発百中で。いや、それは言い過ぎか。誰かが亡くなったとか、すげー失敗をやらかしたとか、よほど心を乱されるような出来事がない限りは(あるいは昼寝し過ぎたとかリズムを崩していなければ)、ほとんど眠れてしまいます。

感覚値ですが、やれば95%以上は眠れちゃいます。

試行錯誤しているうちに、ある一つのポーズが効いているのだとわかってきました。

アーユルヴェーダ・ヨガで『ハラ・アーサナ』と呼ぶポーズです。日本名では通称『鋤のポーズ』。

ハラ・アーサナ(鋤のポーズ)のやり方

YouTubeに動画があったので貼っておきます。


(画像が見られない方は下記URLからご覧ください)
http://youtu.be/_TiC4PawgQ0


(画像が見られない方は下記URLからご覧ください)
http://youtu.be/Xh2l4W0_hy8

2つ目は屈伸まで入れていますが、これはやらなくても効きます。

「ハラーサナ (鋤のポーズ)」 『ヨガジャーナル日本版』
http://yogajo.jp/pose/detail/85.html

注意点などは、こちらが参考になりそうです。

1 2次のページ
寄稿の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。